ヴァレンティオン -2018-

ヴァレンティオン2018

今年のヴァレンティオンのイベントは2名で挑まねばならぬらしい。

そんな噂が、実しやかにエオルゼア中で流れていた・・・。

なんと難易度の高いコンテンツなのか・・・たしかに・・・誰かを誘えば簡単に集まる人数である・・・。

しかし・・・ヴァレンティオンはバレンタインと同義・・・。
誰を誘った誘われた・・・それが何かしら別の意味を持ってしまうような気もする・・・。

エオルゼアに、よくわからない緊張が走る・・・・。

ヴァレンティオン201801

イベント開始の30分ほど前に、ログインすると、庭であるちゃんとせろくんが「ホモネタ」について語り合っていた。

ヴァレンティオン201802

それとなく腹筋をして、仲間に入ろうとするマイディー。

その無言のアピールが実を結んだのか・・・あるちゃんが・・・

「マイディーさん、たまには一緒にシーズナルでもしましょうか」

・・・と声をかけてくれた。

ヴァレンティオン201803

さすがである。

一歩間違えれば大きなトラブルを巻き起こすであろう今回のイベント・・・。

FCマスターである僕がヴァレンティオンで 「誰と行った」、「誰を選んだ」・・・
そういった問題を完全にクリアにする為にあるちゃんが自ら志願。

FCにおける危機管理能力の高さ!!さすがである。

そんなわけで、「完全に他意は無い」ヴァレンタインイベントのスタートだ。

ヴァレンティオン201804

とりあえずせろくんと3人でイベントを進めようと、イベント開始地点に来てみるも・・・あれ??

いつもシーズナルイベント開始前は、人でごった返しているのに、みんな今回の過酷なイベントを呪ってるのか・・・今回はほとんど誰もいない・・・。

※イベント開始後、人がわんさとやってきました。

ヴァレンティオン201805

最初は通常のイベント・・・今年もおもしろいお話。

ポンポンすりつぶすぞ・・・。

ヴァレンティオン201806

イベントを進めると、二人で相性診断をするコンテンツが開放される。

なるほど・・・ここからがうわさの2人コンテンツか・・・。

でもどうやら「マッチング」もしてくれるようで・・・・w

それはそれで楽しそうですねw

ヴァレンティオン201807

ヴァレンタイン専用コンテンツ・・・これがまたすっごくよくできてた!

ヴァレンティオン201808

二人で別々のエリアに入り、迷路を進んでいくのですが、二人の距離が離れすぎると線が切れ、「絆の力」が減少してしまう。
線を切らさず、絆の力を維持しながら進めようと思った場合は、いかに「相手の事を思ってあげるか」が重要になってくる。

ヴァレンティオン201809

時には、相手の動きやすいように待ってあげ・・・
時には、相手が自分の事を考えて待ってくれる。

そして相手の将来の事を考え・・・時には互いで離れて道を作る。

なんとも・・・恋愛の縮図のようなゲームじゃないかっ!w

性格も出るし、お互いの関係を試されるのがいいじゃないですかっ!

ヴァレンティオン2018010

迷路をクリアしたら、今度は二人神経衰弱!!

これは「そこ2だったよ」とか、「こっち3取るね」なんて・・・会話を交わしたほうが確実にクリアができる・・・。

これも良く考えられてるよなー・・・。間違うと二人が損をするので、いい緊張感もあるw

いいかい・・・エオ充の人たち・・・
これでも揉めても、それはコンテンツのせいじゃない・・・

それは、二人の問題だからねw あは♪

ヴァレンティオン2018011

あとマップ!!

エリア内でマップを開くとすごくかわいいので、ぜひ見て!!

そんで、「マップかわいいよ」「ほんとだー」みたいな会話して!

ヴァレンティオン2018012

コンテンツをクリアすると報酬である「フライングハート」がもらえる。

いいかい?君はこれ どっち取る?って事前に話し合いなさいよ?

最後まで気を抜いてはだめだよ?

ヴァレンティオン201221

晴れてマウントをゲットです。

あるちゃん、お付き合いありがとうございました!!多分これ・・・今後乗ること無いと思うのでいい記念になりましたw

無事終わってよかった・・・本当に・・・w

以上!2018年のヴァレンティオンイベントでした!たのしかった!!

つづく。