人気女優も逮捕された「成人動画」制作の裏事情


有料動画配信サービスを通じ、無修正動画を配信した罪で逮捕される事例が続いている。なかでも3月1日に逮捕された容疑者には、1月末に突然、引退宣言をした人気女優が含まれていたため、社会に衝撃を与えた。制作や販売に関わる裏方だけでなく、出演者にも司直の手が伸びたことに、業界関係者の誰もが動揺している。ライターの森鷹久氏が、なぜ、今のように違法な無修正動画制作が広まったのかについてリポートする。

いわゆる「裏AV(アダルトビデオ)」関係者の相次ぐ逮捕に、AV界が揺れている--。
現役のAV男優であるA氏は、自身も捜査関係者からの調べを最近、受けたこと、さらには逮捕される可能性があると告白した上で、AV界の現状を次のように説明する。
「モザイク有りの“表のAVの製作や販売だけでは、収益を出す事が難しくなった。新作AVはネットに違法アップロードされているため、ユーザーが作品を買ってくれません。裏モノも多数違法にアップされていますが、こちらは金を出して買うユーザーも一定数存在し、制作費も抑えられる。裏モノに手を出す事はやむなし、という制作会社が増えつつあるのです」
制作会社が禁断の実であった裏AV制作に乗り出している事情を語るA氏は、かつて成人向け雑誌の編集者だった。
男優となったきっかけは、雑誌の制作費を抑えるために、プロの男優の代わりに自分自身が絡みから撮影までを行うようになったことだった。そして間もなく、自身が所属する出版社の関係会社が製作するアダルトビデオにも出演するようになったという経歴を告白してくれた。
「エロ本屋もエロビデオ屋もとにかく金がない。金がなくても客の目をひこうと様々な手段をとっているうちに、やることがどんどんエスカレートしていく。裏モノAVの製作や販売のリスクは当然わかっているが、もうこれしか金になる方法がないわけです」
2017年3月、無修正のわいせつ動画を撮影し、海外のサイトを通じて配信する手助けを行ったなどとして逮捕されたのは、アダルト作品をたまにしか見ない人でも名前を聞いたことがある人気AV女優と男優だった。これまで、制作側や販売側が罪に問われた事はあっても、出演者が逮捕された事例はほとんどない。現役のAV制作会社幹部は、捜査当局がついに本気になったのだと懸念を示す。
「過激化に歯止めが効かない業界の現状を、当局もついに見過ごせなくなったという事でしょう。我が社からデビューしたAV女優も“金になるからということで裏作品に出るようになって、正規のAV業界から姿を消しました。ある意味、まともにAVを作ろうと思っても無理な状況になっています。しかし、手っ取り早く金になる以上は、違法な裏作品は次々に作られてゆくので、無秩序化は止まらないでしょう」

前述の男優・A氏は、制作会社幹部が予想した無秩序化は、ごく最近ではなく、しばらく前から水面下で進行していた事象だと断言する。
「知人のAV関係者は、風俗嬢やナンパした女性に一定の金額を手渡し、20分程度の無修正シーンを収めた動画をネットで販売しています。まともにAVを作るより儲かるというのですが、そこに目をつけた素人の方が、同じように動画を販売しています。出演者が未成年だったり盗撮映像だったりと、無修正であるだけでなく、様々な犯罪を犯しているといえる動画が多く出回っています」
アダルトビデオにまつわる規制については、以前から時代に合っていないと指摘の声が上がっている。何十年も前のわいせつ基準をそのまま適用しているからだ。
わいせつ基準は社会や文化によってまちまちで、法律も国ごとにことなる。ところが、今ではインターネットを利用すれば、簡単に国境を超えて異なるわいせつ基準のものを閲覧できる。
そういったネットの隙間を利用した、各々の勝手な脱法的な解釈を根拠に作られた様々な映像作品は、たった今も誰でも鑑賞できるのが現実だ。そういった現実に法律が追いついておらず、いま現在“無修正がなぜダメなのかといった表現方法についての議論もなされているが、有効と思われる解決策が呈示されているわけでもない。
結果として、法律や取り締まり基準だけが古いまま現実が進み、その現実にあわせるため違法な表現を選択する者が後を絶たない。
可能な表現方法や販売方法について模索し、安定した収入を得られる何らかの新しい手法が可能になれば、彼らのほとんどは法律に違反する行為に手を染めることはないだろう。
しかし、このまま混乱が続くようであれば、制作サイドが逮捕されるだけではなく、女性や子供を巻き込んだ、新たな形の性犯罪が起こる日も、そう遠くないのではないかと思わずにはいられない。