今泉四段は後手持ち

60図は10時30分頃の局面。銀をぶつける▲7六銀に対して、菅井七段は堂々と△7六同銀と応じて戦いが始まりました。
控室の今泉四段は「△5六歩の感触がいいので、自分なら後手を持ちたいです」と語っています。

Img_7949 清水女流六段との連名で揮毫した今泉四段。この色紙は現地の大盤解説会で次の一手の正解者にプレゼントされる。