優駿牝馬オークス 最終追いきり

 今週のオークス・G1(5月20日、東京・芝2400メートル)に出走する

ラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)が

5月16日、栗東トレセンのCWコースで最終追い切りを行った。

(スポーツ報知)

 しっかり折り合ってコーナーを周回し、直線ではスムーズに加速。

シャンティローザ(4歳1000万)をかわし、1馬身の先着で終えた。

「上がり重点で予定通り。いい動き。2400メートルはいいと思います。

桜花賞の勝ち馬は強かったけど、距離延長で逆転できれば」

と松永幹調教師は声に力を込めた。

 同馬はデビューから無傷の4連勝で桜花賞に臨んだが、

アーモンドアイの強襲に屈して2着。

初黒星を喫した。

父のオルフェーヴルが日本ダービーを制覇した東京の2400メートルで

宿敵へのリベンジを狙う。

 

 

 2冠を狙う桜花賞馬アーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)が

16日、美浦トレセンで追い切りを行った。

 1週前に続いてルメール騎手が騎乗し、Wコースの5ハロンから、

先行した僚馬を目標に置いてスタート。

最後の直線を向くと自らギアを上げ、あっという間に抜き去った。

ルメール騎手は「とても良い動きだったね。

桜花賞のときもそうだったけど、今日も自分から手前を替えて、

いい脚を使ってくれた。

距離の心配はないと思う。

オークスを勝つ自信はもちろんあるよ」と力強くうなずいた。