全国高等学校野球選手権第100回記念沖縄大会 組み合わせ

 第100回全国高校野球選手権記念大会の出場校を決める

沖縄大会の組み合わせ抽選会が

12日、沖縄県北中城村の村立中央公民館であり、

65チームの対戦相手が決まった。

開幕は23日、決勝は7月22日の予定。

優勝校は8月5日から阪神甲子園球場である全国大会に出場する。

(朝日新聞)

【写真】抽選の行方を見守る球児たち=2018年6月12日、沖縄県北中城村、宮野拓也撮影

 開幕試合はコザしんきんスタジアムである開会式のあと、

沖縄高専と球陽の試合に決まった。

春季大会で優勝した第1シードの未来沖縄は沖縄工と、

同大会で準優勝した第2シードの興南は豊南と対戦する。

 開会式での選手宣誓は北部農林の岸本宗太主将が引き当てた。

岸本主将は

「100回の節目の大会なので、長い歴史の中で

今、自分たちが野球ができることへの感謝の思いを込めたい」と意気込みを語った。