全米オープンゴルフ 予選ペアリング

 現地時間15日に開幕する第118回全米オープン。

復調の予感を見せる松山英樹の活躍も楽しみな

今季メジャー第2戦を前に予選ラウンドのペアリングが発表された。

(マイキャディ)

【動画】91ホール目で終戦 ウッズがプレーオフに持ち込んだ伝説のバーディパット

 AT&Tバイロン・ネルソン選手権で16位タイ、

メモリアル・トーナメントでは初日トップ発進を切って11位タイと

復調の予感を感じさせる松山は、

マーク・リーシュマン(豪)、リッキー・ファウラー(米)とのペアリング。

上り調子で行きたい第1ラウンドは

現地時間午前8時13分(日本時間14日午後9時13分)に10番ティーからスタートする。

 4月の米ツアー初優勝後、最初のメジャーに挑む小平智は

ポール・ケイシー(英)、ブランデン・グレイス(南ア)と同組で

現地時間午前7時40分(日本時間14日午後8時40分)にアウトコースからティーオフ。

その他の日本勢は、

最終予選会トップ通過の秋吉翔太が

マット・ジョーンズ(豪)、ライアン・フォックス(ニュージーランド)と、

ウェイティングからの繰り上がり出場となった星野陸也は

アマチュアのライアン・ラムスデン(スコットランド)、ジェームス・モリソン(英)と

初日、2日目を回ることとなった。

 有力選手では

ディフェンディング・チャンピオンのブルックス・ケプカ(米)が

ジェイソン・デイ(豪)、バッバ・ワトソン(米)と、

メジャー初戦となったマスターズを制したパトリック・リード(米)が

ザック・ジョンソン(米)、チャール・シュワーツェル(南ア)と同組。

ローリー・マキロイ(北アイルランド)は

ジョーダン・スピース(米)、フィル・ミケルソン(米)とプレーし、

注目のタイガー・ウッズ(米)は

世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米)、同2位のジャスティン・トーマス(米)とともに

現地時間午後1時47分(日本時間15日午前2時47分)に

1番ティーからコースインする予定だ。