冬季五輪・平昌2018・10日目

 平昌五輪は第10日の18日、

スピードスケート女子500メートルで

小平奈緒(相沢病院)が金メダルを獲得した。

1000メートルで銀メダルの小平は、

この競技で日本女子初の金メダリストとなった。(時事通信)


 日本勢は17日に

フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)が金メダルに輝いており、

小平の金は二つ目。

今大会のメダル総数は10個(銀5、銅3)となり、

最多だった1998年長野五輪の10に並んだ。

海外開催の大会で個人種目の金メダルが複数出たのは初めて。


 冬季五輪で日本女子の金メダリストは、

長野五輪フリースタイルスキー・モーグルの里谷多英、

2006年トリノ五輪フィギュアスケートの荒川静香に次いで3人目。


 カーリングは日本男子が米国を8―2で破ったが、

スウェーデンには4―11で敗れて通算3勝3敗となった。

アイスホッケー女子の5~8位決定予備戦で、

日本はスウェーデンを延長戦の末2―1で破り、

20日にスイスと対戦する5位決定戦に進んだ。

アルペンスキー男子大回転では石井智也(ゴールドウイン)が30位。

フリースタイルスキー男子スロープスタイル予選では、

山本泰成(尾瀬ク)が決勝に進めなかった。

 

 

 フリースタイルスキーは18日、2種目が行われ、

男子スロープスタイルの山本泰成(尾瀬ク)は

予選で70.40点の20位に終わり、

上位12人による決勝に進めなかった。

オイステン・ブローテン(ノルウェー)が金メダルを獲得した。


 男子エアリアル決勝は、

オレクサンドル・アブラメンコ(ウクライナ)が

3回目に128.51点をマークして優勝した。

 

 

 アルペンスキーは18日、男子大回転が行われ、

初出場の石井智也(ゴールドウイン)は

2回の合計タイム2分24秒78で30位だった。

マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が2分18秒04で優勝し、

複合に続いて今大会2個目の金メダルを獲得した。

 

 

 ノルディックスキー距離は18日、男子40キロリレーが行われ、

ノルウェーが1時間33分4秒9で4大会ぶりの金メダルに輝いた。

2位はOAR、3位はフランス。日本は出場していない。

 

 

 スピードスケートは18日、女子500メートルが行われ、

小平奈緒(相沢病院)が36秒94の五輪新記録で

日本女子初の金メダルを獲得した。


 スピードスケートの日本勢が金メダルを獲得したのは、

1998年長野五輪男子500メートルの清水宏保に続き2人目。

女子500メートルでのメダルは同五輪銅の岡崎朋美以来。

小平は1000メートルの銀に続いて今大会二つ目のメダル獲得となった。


 3連覇を狙った李相花(韓国)は37秒33で2位。

3位はカロリナ・エルバノバ(チェコ)。

郷亜里砂(イヨテツク)は37秒67で8位、

神谷衣理那(高堂建設)は38秒255で13位だった。


 男子団体追い抜きはタイムで争う1回戦が行われ、

日本はウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)、一戸誠太郎(信州大)、

中村奨太(ロジネットジャパン)で臨み、3分41秒62の5位で準決勝進出を逃した。

21日の5位決定戦に回る。

 

 

 バイアスロンは18日、男子15キロ(マススタート)が行われ、

マルタン・フールカデ(フランス)が35分47秒3で優勝し、

12.5キロ追い抜きに続き今大会2個目の金メダルを獲得した。

2位にジモン・シェンプ(ドイツ)、

3位にエミルヘグレ・スベンセン(ノルウェー)が入った。

日本選手は出場していない。