大相撲名古屋場所は波乱の予感

「大相撲名古屋場所・4日目」(11日、ドルフィンズアリーナ)

 初日から3連勝だった横綱白鵬(宮城野)が右膝の負傷により、休場した。

3横綱のうち唯一の出場となった鶴竜(井筒)は、

勢(伊勢ノ海)に押し出されて今場所初黒星を喫した。

無敗力士は平幕ではいなくなり、

関脇御嶽海(出羽海)、新大関栃ノ心(春日野)2人となった。(デイリースポーツ)

【写真】白鵬 痛み止め打ち出場模索も断念

 白鵬は、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、

2日目の取組前に支度部屋で、ビニールテープで足をすべらせ

踏ん張った際に右膝を傷めたという。

「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」

との診断書を提出し、この日の千代の国(九重)戦は不戦敗となった。

休場がアナウンスされた際、館内のファンがどよめくほどの突然の出来事だった。

白鵬の休場は2場所ぶり9度目。今年に入ってから4場所中3場所で休場している。

 栃ノ心は阿炎(錣山)のもろ手突きを外して

左からの上手投げで体勢を崩してから、力強く押し出した。

御嶽海も低い姿勢から前に出て、右が入ると一気に玉鷲(片男波)を押し出した。

 鶴竜は勢に立ち合い負けし、一気に押し出されてしまった。

勝った勢は今場所初白星が自身5つ目の金星となった。

 かど番の大関豪栄道(境川)は、自身の足が流れたすきをつかれ、

琴奨菊(佐渡ヶ嶽)にはたき込まれて2敗目を喫した。

琴奨菊は初白星。

 大関高安(田子ノ浦)は正代(時津風)を突き出して1敗を守った。