大相撲春場所 番付発表

 日本相撲協会は26日、

大相撲春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表し、

初場所で平幕優勝を遂げ、初めて賜杯を抱いた栃ノ心が

2016年名古屋場所以来、10場所ぶりに関脇へ返り咲き、西に就いた。

 両足親指のけがで初場所を途中休場した白鵬は横綱在位64場所目で、

北の湖を抜き歴代単独最長。

横綱は東正位から鶴竜、白鵬、稀勢の里の序列。

大関は東が初場所12勝の高安、西は豪栄道。

 東関脇は御嶽海で変わらず、

小結は東が逸ノ城で16場所ぶり、西の千代大龍が21場所ぶりの三役復帰。

新入幕はなく、妙義龍、英乃海、碧山が再入幕。

照ノ富士が元大関では4人目の十両転落。

 元横綱日馬富士に暴行を受けた貴ノ岩は2場所連続で全休したが、

特例措置で東十両3枚目から西12枚目にとどまった。 (時事通信)