寺町

眉山の麓に寺町と呼ばれる寺社が集まる地域があります。江戸時代、徳島藩主の蜂須賀氏が徳島城と城下町を作る際に、点在する寺社を集めて寺町が作られました。現在は、徳島市の定める「とくしま市民遺産」に指定されています。

Img_7890

Img_7891

Img_7893

Img_7894 眉山の地下水が湧く錦竜水の水場も寺町にある。

Img_7897

Img_7899