平昌五輪会期前競技ほか

 平昌冬季五輪は8日、翌日の開会式に先駆けて競技が始まった。

日本勢は夜間に行われたジャンプ男子の個人ノーマルヒル予選に登場。

冬季五輪で史上最多8度目の出場となる45歳の葛西紀明(土屋ホーム)ら4人が

10日の本戦進出を決めた。


 9日には午後8時から屋外の平昌五輪スタジアムで開会式が行われ、

観客に防寒対策を施して華やかに開幕する。

開催国の韓国と、特例で参加を認められた北朝鮮の選手団が

「コリア」として同時入場するのが大きな話題。

北朝鮮は8日、江陵の選手村に応援団を招いた入村式に臨んだが、

同じ日に首都・平壌では軍事パレードが行われた。


 8日に行われたカーリングの新種目、混合ダブルスの1次リーグでは、

個人資格で出場した「ロシアからの五輪選手(OAR)」が登場した。

国際オリンピック委員会(IOC)は

組織的ドーピングが認定されたロシア選手団の参加を禁じた代わり、

厳しい基準を満たした選手に限り出場を認めている。


 大会は25日まで、7競技102種目を実施。

2桁のメダル獲得を狙う日本選手団は、

9日にフィギュアスケート団体、

フリースタイルスキーのモーグル男女予選に出場し、冬のスポーツの祭典を彩る。 

 

 

 

 フィギュアスケート団体が始まり、

男子とペアのショートプログラムが行われる。

男子は羽生結弦が負傷した右足首の状態を考慮して回避し、

宇野昌磨が出場。

米国のチェン、カナダのチャン、

OARのコリャダらとの得点争いは小差で激しくなりそうだ。

ペアは須崎海羽、木原龍一組が登場。


 フリースタイルスキーは男女モーグルの予選。

男子は昨季世界選手権2冠の堀島行真と遠藤尚、西伸幸、原大智が挑む。

堀島は1月20日のワールドカップで初優勝。

予選から金メダル候補のキングズベリー(カナダ)に重圧をかけたい。

前回ソチ五輪まで5大会連続で入賞している女子は、

村田愛里咲が予選突破を目指す。


 平昌五輪スタジアムで夜8時から開会式が行われ、冬の祭典を彩る。

 

 

 カーリングは8日、混合ダブルスの1次リーグが行われ、

ロシアからの五輪選手(OAR)のペアは米国に3―9で敗れ、

黒星スタートとなった。

韓国がフィンランドを9―4、スイスが中国を7―5、

ノルウェーがカナダを9―6で破った。日本は出場していない。


 1次リーグは8チームが総当たり戦を行い、

上位4チームが準決勝に進出する。

 

(時事通信)