本田真凜がJKデビュー


フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で日本ジュニア勢初の200点越えで2位になった本田真凜(15)=大阪・関大高=が10日、京都府庁で「京都府スポーツ賞未来くん賞」、「京都府スポーツ特別奨励賞」の表彰式に出席した。

来庁時には、大勢の職員の出迎えを受け、照れくさそうに小走りした本田。山田啓二知事から表彰状を受け取り「素晴らしい賞をいただけて本当にうれしく思っています」とはにかんだ。7日に高校の入学式を終えたばかり。新たな制服姿を披露し「小さいときから『高校生です』と言うのに憧れを持っていた。やっとそう言えるのが楽しみ」とルンルン気分だ。
「去年よりちょっとでも、精神的にも、見た目も成長できていたら」と話した。

以前から憧れていたという高校生になり「中学の時はスケートの子と遊ぶことが多かった。(出身の関大中ではなく)外部から入ってくる友達とも一緒に遊びたい。練習をメインにしながら、時間のある時に遊んでいきたい」と楽しみはいっぱいだ。18年平昌五輪に向けては、あらためて「ずっと小さい頃から出るのが夢だった。絶対にかなえたい」と意気込んだ。

フィギュアスケート女子の本田真凜(15=大阪・関大高)が10日、山田啓二京都府知事から突然の“オファー”を受けた。世界ジュニア選手権(3月、台北)2位の活躍により、京都府庁で「京都府スポーツ特別奨励賞」と「京都府スポーツ賞未来くん賞」の表彰式に出席。その後の歓談の場で「京都にも通年のリンクができる。ぜひオープニングで滑っていただきたい」と要望があった。

府は18年度中の開場を目標に「京都アイスアリーナ(仮称)」を宇治市に建設予定。現在は府内に通年のリンクがなく、同知事は「(全日本選手権3連覇中の)宮原選手、本田選手、(世界ジュニア選手権5位の)白岩選手と京都出身の選手が活躍しているのに、リンクがなかった」と苦笑い。18年平昌五輪には完成が間に合わないが、22年北京五輪出場も視野に入る本田にとっても大きな関心事だ。

 知事のお願いを受け、本田も「今は1年間開いているリンクがなくて、大阪まで通っている。あと何年か後にできるので、うれしいし、楽しみ。滑ってみたいです」。地元における競技環境の整備を待ちわびた。