検分

予定されていた17時よりも早めに検分が始まりました。検分では対局に使う盤と駒、部屋の照明や空調の具合などを確認します。竜王戦のように2日制のタイトル戦では、封じ手を記入する場所の確認も行います。盤と駒は、日本将棋連盟の竹井粋鏡理事が所有するものを使うことになりました。駒は影水師作、錦旗書の盛上駒です。

検分は問題なく数分で終わり、両対局者は記念の揮毫に移りました。このあとは19時から前夜祭が行われます。

Img_6121

Img_6124

Img_6144

Img_6166

Img_6170

Img_6222

Img_6189

Img_6195