水卜アナ | 番組途中で退席


日本テレビの水卜麻美アナウンサーが9日、平昌五輪取材のため、レギュラーMCを務める同局の「スッキリ」を途中退席。「絶対寒いって言わない!」と約束した。
番組では、平昌五輪の見どころや、過去の冬季五輪名場面などを放送。9日から開幕する平昌五輪を盛り上げた。
その途中、午前9時27分に、加藤浩次が「みとちゃんがここで?」と声を掛けると、水卜アナが立ち上がり「間に合わなくなっちゃうのでここで」とあいさつ。初の五輪取材とあって興奮気味だが「初めてなので、オリンピックがどういうものかを(見てくる)」と言った後「あと、私、寒いって絶対言いません!行って来ます!」と約束してスタジオを去った。
平昌は例年以上の冷え込みが話題となっており、冬季五輪史上最も寒い大会とも言われている。水卜アナは果たしてNGワード「寒い」を言わずに帰ってこられるか?
■水卜アナ「詐欺だ」
日本テレビ水卜麻美アナウンサー(29)が8日、日本テレビ系「解決! ナイナイアンサー」に出演し、入社試験に合格するために1カ月で5~6キロやせたことを明かした。合格後にリバウンドしてしまい、人事部から「詐欺だ」と怒られたという。
番組では水卜アナの入社当時の写真を公開。スーツを着てもウエストのくびれがくっきりしており、共演者から「ウエストすごい!」などと驚きの声が上がった。
水卜アナは「実はエントリーシートに貼った写真なんです」と話し始めた。「ずーっとアナウンサーになりたくて。いざ初めの試験会場に行ったら細い人ばっかりで大ショックで」と思ったそうで、その日から母親にダイエット宣言をした。夜は春雨スープだけ、朝はリンゴだけという食生活。水卜アナは「今考えると本当に体調を崩すダイエットをしていた。1カ月ちょっとで5~6キロやせた」と話した。
しかし、合格してすぐリバウンドをし、「人事部に相当怒られて。詐欺だ詐欺だって」と振り返った。