決着は月曜日に

 米女子ツアーの今季メジャー初戦 ANAインスピレーション

(現地時間1日/カリフォルニア州、

ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントコース)

最終ラウンドが終了。

上原彩子は通算12アンダー単独8位で終えた。(マイキャディ)

【最終R順位】ANAインスピレーション

 トップと5打差からスタートした上原は、

出だし3連続バーディ、9番でボギーを叩くも、

11番でバーディを奪い、4バーディ、1ボギーの3アンダー69でフィニッシュ。

スコアを3つ伸ばしたが、

1977年の全米女子プロゴルフ選手権を制した

樋口久子以来のメジャー制覇とはならなかった。

 インビー・パーク(韓)、ジェニファー・ソン(米)、

パーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)が通算15アンダーで並びプレーオフへ。

18番パー5で行われ、1、2ホール目と引き分け、3ホール目でソンが脱落。

4ホール目でも勝負がつかず、日没のため

パークとリンドベルグのプレーオフは月曜日(現地時間2日)に持ち越しとなった。

 通算14アンダー4位タイにジェシカ・コルダ(米)、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、

通算13アンダー6位タイにチャーリー・ハル(英)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が続く。

 レクシー・トンプソン(米)、リディア・コ(ニュージーランド)が通算7アンダー20位タイ、

フォン・シャンシャン(中)が通算6アンダー25位タイ、

ミッシェル・ウィー(米)が通算5アンダー30位タイとなった。

 畑岡奈紗は通算2アンダー48位タイ、

鈴木愛は通算13オーバー最下位で大会を終えている。