浅田真央が引退「選手として終える決断致しました」


女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。

「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」

女子フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリスト浅田真央(26=中京大)が10日、ブログで引退を発表した。
浅田はファンや支えてくれた人への感謝の言葉を述べた後、引退を決めたタイミングについて昨年12位に終わった全日本選手権を挙げた。
「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」。
それでも自分のフィギュアスケート人生に悔いはないとコメントし「自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたい」と前を向いた。

◆浅田真央(あさだ・まお)1990年(平2)9月25日、名古屋市生まれ。中京大在学中。5歳から競技を始め、3回転半ジャンプを武器に15歳だった05年にGPファイナルを制覇。初出場だった10年バンクーバー冬季五輪は銀メダル。合計3度の3回転半を初めて成功させギネス記録に認定された。世界選手権は08年に初制覇し、10年に日本人初となる2度目の優勝。4月からは中京大を休学し五輪への練習に専念。好物はチョコレート。162センチ、49キロ。