渡辺謙と南果歩の離婚


俳優渡辺謙(58)と女優南果歩(54)が離婚したことが17日夜、明らかになった。渡辺の所属事務所が発表した。

 渡辺の所属事務所はマスコミ各社に送ったファクスには「弊社所属の俳優・渡辺謙に関するご報告をさせていただきます。女優・南果歩さんと渡辺の間で離婚が成立しましたことをご報告申し上げます」と記されている。

 2人は、2005年12月に結婚。昨年3月、渡辺がニューヨークのセントラルパークで宝石デザイナーの日本人女性と手つなぎデートをしていたことを報じられた。

 渡辺は4カ月後の7月15日になって都内で釈明会見を行い「この春に出た記事に関してはおおむね事実でございます」とほぼ全面的に認めた。その後渡辺は、南と別居状態になったことを明かしている。

■南果歩が離婚でコメント「私らしく歩んで参りたい」
俳優渡辺謙(58)と女優南果歩(54)が離婚したことが17日夜、明らかになった。渡辺の所属事務所が発表した。同日夜、南果歩はオフィシャルブログで以下のコメントを発表した。

  ◇  ◇  ◇

マスコミ及び 関係者の皆様へ

この度、離婚という形に到りましたことをご報告申し上げます。

出会いから16年、様々なことを学びました。

そしてこの1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました。

これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで参りたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年5月 南 果歩

 ◆渡辺謙(わたなべ・けん)1959年(昭34)10月21日、新潟県生まれ。89年、急性骨髄性白血病。翌年復帰し、5年後に再発も克服。04年米映画「ラストサムライ」で米アカデミー賞助演男優賞にノミネート。15年に「王様と私」に出演し、トニー賞の主演男優賞候補に。16年2月に早期の胃がんが発見され手術を受けて、3月に舞台復帰。阪神の熱狂的ファンでも知られる。05年女優南果歩と結婚。長男大は俳優、長女杏はモデル、女優。血液型A。

 ◆南果歩(みなみ・かほ) 1964年(昭39)1月20日、兵庫県生まれ。桐朋学園短大2年在学中の83年、映画のヒロインでデビュー。86年に舞台「ロミオとジュリエット」でヒロインを務め、89年には「帝都大戦」「226」など映画5作品に出演し、ブルーリボン賞助演女優賞など受賞。90年NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」にも出演。95年に作家辻仁成氏と結婚したが、00年に離婚。2005年渡辺謙と結婚した。16年3月に乳がん公表後、闘病しながら女優業を続けてきた。