白鵬 まさかの休場

 大相撲の横綱白鵬(33)

=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が

名古屋場所4日目の11日から休場した。

日本相撲協会に

「右膝蓋腱(しつがいけん)損傷、

右脛骨(けいこつ)結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」

との診断書を提出した。

 白鵬の休場は3月の春場所以来で通算9度目。

今場所は3日目まで3連勝していた。

4日目の対戦相手、千代の国は不戦勝。(時事通信)

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、

2日目の取組前に支度部屋で足を滑らせて右膝付近を痛め、

3日目の琴奨菊戦後に悪化させた。

この日朝に痛み止めを打っても、痛みは引かなかったという。

師匠は「ぎりぎりまで出たがっていた。

足は相当腫れていたし、曲がらなかった。

せっかく良い相撲を取っていたのに、と言っていた。残念だ」と述べた。

 今場所の十両以上の休場者は稀勢の里、蒼国来を含めて3人となった。