競輪

 「たちあおい賞争奪戦・G3」(20日、静岡)

 12Rで決勝が行われ、

古性優作(26)=大阪・100期・S1=が力強いまくりを決めて1着。

4回目のG3優勝を果たした。

2着に村上義弘、3着には神山拓弥が入った。(デイリースポーツ)

【写真】グラドル篠崎愛が来場「オレンジ色」で勝負

 古性が持ち味を存分に発揮した。

先行する取鳥雄吾-大槻寛徳後位の3番手を確保すると、

最終2角から一気に仕掛けて先頭へ、

村上の援護を受けながら、最後までしっかりと踏み切り、

近畿ワンツーを決めた。

 「村上さんについてもらって安心してレースができた。

G1の後で正直、体はきつかったけど、

そんな中で結果を出せてよかった」と振り返った。

 それでも4回目の記念制覇に満足した様子はない。

「ここは通過点にしたい。G1でしっかり戦えないと。

そのためにも日々の積み重ねが大切」と力を込める。

静岡では暮れに初めてグランプリが開催される。

「お客さんも熱いですし、走ることができたら気持ちいいと思います」。

一段とレベルアップして富士山バンクに戻ってくる。