競輪

 「大楠賞争奪戦・G3」(15日、武雄)

 山田英明(35)=佐賀・89期・S1=が

最終バックから番手まくりを決めて1着ゴール。

地元記念初Vを達成した。

2着は

阿部拓真(宮城)の番手から山田後位に切り替えた

小松崎大地(福島)。

3着には園田匠(福岡)が入った。(デイリースポーツ)

 デビュー14年目にして山田が地元記念初Vを決めた。

強引に主導権を奪った松川の後位で後方を確認すると、

村上のまくりに合わせてスパート。

「慌てずにしっかり(タイミングを)判断できた。

そこからは、がむしゃらでした」。

3角過ぎに先頭に立つと、

スピードはゴール線まで緩めなかった。

「松川君の気持ちがうれしかったし、園田さんも後ろを固めてくれた。

ほんと、ラインのおかげです」。

地元エースの重責を果たし、ホッとした表情を見せた。

 15年8月の富山記念決勝では、先頭でゴールしながら内抜き失格。

しかしそこから頭角を現し、

G1優出3回と輪界のトップクラスへと成長を遂げた。

足りないのはG1タイトル。

「G1を勝つことが、今の最大の目標。

次のダービーに向け、しっかり練習に取り組む」。

35歳でも成長を続ける努力の男は

きっと、さらに大きな勲章を手にするはずだ。