競輪

 「ゴールドカップレース・G3」(15日、京王閣)

 開催最終日の12Rで決勝戦が争われ、

平原康多(35)=埼玉・87期・SS=が完全V。

先行した吉沢純平(茨城)マークから抜け出して、

1月の立川以来、通算18回目のG3制覇を4連勝で決めた。

2着に木暮安由(群馬)、3着には神山拓弥(栃木)が入り、

関東ラインで上位を独占した。(デイリースポーツ)

 平原が番手絶好の展開に恵まれた。

「自分の力だけではない。

ラインのおかげで優勝することができました」と仲間に感謝。

完全Vにも浮かれることはなかった。

決勝戦は吉沢-平原-木暮-神山-高橋大作(東京)で関東5車が結束。

打鐘から吉沢が突っ張り先行で主導権を譲らず、

平原は最終4角から踏み込んで抜け出した。

 ゴールデンウィークのG1・日本選手権は、決勝戦で近畿勢が上位を独占。

今回のG3で、今度は関東勢が結束力を示した。

「個の力だけでは、どうにもならない。

ラインの力が結果に結びついてよかった」と平原。

関東のけん引役として矜持(きょうじ)が言葉に詰まっていた。