訃報 大杉漣さん

 北野武監督の映画「HANA―BI」など数多くの作品に出演し、

独特の存在感で人気を集めた

俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名孝=たかし)さんが

21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。

 66歳だった。徳島県出身。葬儀は親族のみで行う。(時事通信)

 劇団員を経て映画に進出、周防正行監督の作品への出演で注目された。

北野監督の「ソナチネ」(1993年)で知名度を上げ、

やくざからサラリーマンまでさまざまな役を演じ、

「300の顔を持つ」と称される名脇役として活躍した。

 放送中のテレビ東京の連続ドラマ

「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」に出演していた。

同局によると、20日の撮影後、体調不良を訴え病院に運ばれたという。

ドラマは遺族の意向もあり、21日の第3話は予定通り放送した。

4、5話の放送は検討中という。