遠藤が逸ノ城を破る

 「大相撲夏場所・5日目」(17日、両国国技館)

 4日目に松鳳山(二所ノ関)に敗れた横綱鶴竜(井筒)は、

初顔合わせの前頭二枚目阿炎(錣山)と結びの一番で対戦。

はたき込みで勝ち、1敗を守った。

 全勝の横綱白鵬(宮城野)は

前頭三枚目大栄翔(追手風)に上手投げで完勝。

全勝を守った。

 大関豪栄道(境川)は、初

顔合わせの前頭三枚目豊山(時津風)を押し出して3勝目。

 大関昇進が懸かる関脇栃ノ心(春日野)は、

まだ初日の出ていない前頭筆頭魁聖(友綱)を危なげなく寄り切って

全勝を守った。

 4連勝だった関脇逸ノ城(湊)は、

2敗の小結遠藤(追手風)に寄り切りで敗れた。

 前頭四枚目の正代(時津風)は、

同六枚目千代翔馬(九重)を寄り切り、平幕では唯一の5連勝。

 全勝は白鵬、栃ノ心、正代の3人となった。(デイリースポーツ)