関ジャニ | 渋谷すばるが最後のテレビ出演


海外で音楽を学ぶためグループを脱退し、年内をもってジャニーズ事務所を退所する関ジャニ∞渋谷すばる(36)が8日、テレビ朝日系音楽バラエティー「関ジャム 完全燃SHOW」(日曜午後11時10分)でグループメンバーとして最後となるテレビ出演をした。

 渋谷は目を潤ませながら「ジャニーズ事務所のタレントとして21年間、関ジャニ∞メンバーとして14年間、今日まで活動してきたことは自分の人生にとって何よりの誇りです。最後の瞬間も、ここにいる6人の仲間たちにすごく支えられてます。本当に感謝してます、ありがとう」と話した。 そして「これからの6人の関ジャニ∞にも期待してください」と視聴者に語りかけた。メンバー7人そろっての活動はこれが最後となる。

 15年4月の番組開始以来、一部地域をのぞき初の生放送となった。番組では、これまでに放送された出演ゲストとのセッションを振り返った。久保田利伸との共演をVTRで振り返り、「久保田さんとの差、未熟さを感じた。でも(自分に)まだ伸びしろがあると感じられた」とコメントし、これからの音楽活動への意気込みをにじませた。また、東京スカパラダイスオーケストラと総勢16人で「無責任ヒーロー」を生披露した。渋谷はにぎやかな演奏に終始笑顔だった。

 「最後に披露したい曲」はメンバー7人で決めたという。まず「大阪ロマネスク」を7人で歌い、その後グループ初のバンド曲「LIFE~目の前の向こうへ~」を演奏し歌った。骨折による全治3カ月のけがが発表された安田章大(33)も演奏に参加。大倉忠義(33)も熱いドラム演奏で渋谷のラストに花を添えた。

 錦戸亮(33)は大粒の涙を流し、演奏後「最後に寂しくなっちゃった」。横山裕(37)は「すばるが頑張るように僕たちも頑張っていかなきゃ」。丸山隆平(34)は「悔いない音がみんなで出せた」と話した。リーダー村上信五(36)が「これから6人の関ジャニ∞もよろしくお願いします!」と叫び番組は終了し、渋谷は笑顔でグループを旅立った。