関東オークス

 13日、川崎競馬場で行われた

第54回関東オークス(GII・3歳・牝・ダ2100m・1着賞金3200万円)は、

中団でレースを進めた

松岡正海騎手騎乗の6番人気ハービンマオ(牝3、美浦・中舘英二厩舎)が、

3~4コーナーで前に取りついて、

直線で一旦は抜け出していた

5番人気ゴールドパテック(牝3、川崎・岩本洋厩舎)を捕らえ、

これに3/4馬身差をつけ優勝した。

勝ちタイムは2分17秒6(稍重)。(netkeiba)

 さらに4馬身差の3着に

3番人気クレイジーアクセル(牝3、大井・渡辺和雄厩舎)が入った。

なお、2番人気プリンセスノンコ(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)は5着、

1番人気ララプリムヴェール(牝3、栗東・今野貞一厩舎)は6着に終わった。

 勝ったハービンマオは、

父ハービンジャー、母ダンシングマオ、その父ゴールドアリュールという血統。

前走の500万下9着から巻き返し、初の重賞タイトルを獲得した。