27時間テレビ | 脱お笑いで過去最低から脱却


9日から10日にかけて放送されたフジテレビ系「FNS27時間テレビ にほんのれきし」(9日午後6・30-10日午後9・24)の、27時間トータルの平均視聴率が、関東地区で8・5%、関西地区で10・3%だったことが11日、分かった。

両地区とも過去最低だった前年2016年(関東7・7%、関西10・0%)から数字が回復した。
今年の「27時間-」は従来のお笑い主体の生放送から大きく舵を切り、ビートたけし(70)が総合司会を務め、日本史をテーマにしたバラエティー、ドラマなどを放送した。名物コーナーだった「さんま・中居の今夜も眠れない」なども放送されず、大半が事前収録分。27時間名物の生放送を“捨てた”形で、初の9月放送となった新機軸で、視聴率にも注目が集まっていた。

近年の「27時間-」は、番組内容を巡って炎上騒動なども起き、15年にダウンタウン・松本人志(54)が同局の別番組で“休止案”を提言したことも。昨年は明石家さんま(62)、中居正広(45)ら企画ごとにMCをリレーでつなぎ、にぎやかに進行。不倫騒動を起こしたベッキー(33)のサプライズ電話出演などもあったが、全時間視聴率は過去最低だった。

今年の「27時間-」の瞬間最高は関東18・6%、関西22・7%。いずれも9日午後10時すぎで、「ホンマでっか!?TV」のパートだった。