AV女優の登場でボルテージが上がる 上海アダルト見本市


毎年4月、中国・上海を舞台に、世界中のアダルト産業が出展する大規模な見本市が開かれる。中国企業はもちろん、日本、米国、韓国、欧州など合わせて数百の企業が出展する一大イベントだ。在中国の編集記者で、数年にわたり同展を取材した初田宗久氏が会場の様子を報告する。(構成/横田徹:報道写真家・ジャーナリスト)

国際都市、上海で毎年4月に開催されるアダルトグッズ見本市は今年で14回目を迎える。東京ドーム2つ分の広大なスペースに世界中からアダルトグッズ関連企業が出展する世界最大規模の見本市だ。正式名称は「国際成人保健及生殖健康展覧会」。表向きポルノが禁じられている中国において、セックス見本市は「保健」や「健康」と“言い換え”られる。ともあれ、ここまで大量かつオープンに、性に関する展示が可能な場所はこうしたイベント以外にはない。

会場内では欧米の洗練された意匠のアダルトグッズが並ぶブースも目を引くが、それよりも勢いがあり、かつ混沌とした雰囲気を醸しているのが中国企業のブースだ。
中でも驚いたのは母、長女、末っ子と数体が揃った“セクシードール家族”のコーナー。身長が1m程度の末っ子セクシードールは、見ているだけで良心の呵責を感じずにいられない。
アダルトグッズとは別に、性の“歴史展示”もある。ガラスケースの向こうには太古の遺跡から発掘されたらしい石像や彫像が並んでいる。男女が交わる様を象った石像には「最古の秘密の戯れの像(紀元前3500年)」と書かれたプレートが添えられている。真偽のほどは定かではない。
セレブ向けには(豪華ではあるが実用性が低そうな)オープンカーを模したベッドや、オーダーメイドのアダルトマシンなどもある。その他、なぜか映画「ランボー」のシルベスター・スタローンが箱に描かれた精力薬まで。
イベントステージでは、顔よりも大きな巨大サングラスに天使の翼を身につけた中国人キャンペーンガールがやる気なさそうに闊歩する。突っ込みどころ満載の、まるで「秘宝館」のような展示に自然と笑みがこぼれる。

かつて同展を見学した友人によると、以前は人民解放軍もブースを出展していたという。彼の撮影した写真には、「包茎は諸刃の剣」と書かれた軍病院のポスターが写っている。
「諸刃の剣」? 中国人に聞くと、どうやら包茎には“長持ちするから良い”という考えがあるらしい。しかし、不潔になり病気のリスクも高まるため、包茎手術を奨めているのだ。
お堅いイメージの軍がアダルトグッズ見本市に出展すること自体、日本人には理解しがたいが、これには訳がある。軍では1980年代以降に「自力更生」というシステムを導入し、公的予算に頼らず部隊ごとに予算を調達することが推奨された。病院以外にも一般向けの飲食店、宿泊施設など、各部隊が商業活動を行っている。包茎に悩む若者向けに、軍病院が出展していても不思議ではない。