G2 Esports CS:GO部門のshox選手が手首手術のため試合欠場へ、2018年4月に復帰予定

shox

G2 Esports CS:GO部門に所属する France Richard "shox" Papillon選手が、手首の手術を受けるため試合を欠場することが発表されました

shox選手が手首手術のため試合欠場へ

shox選手は2018年1月末に、自身のTwitterアカウントで手首に痛みがあり手術を受ける可能性があることを報告していました。

診査の結果、痛みの原因は右手首の腱の下に出来た2センチメートル大の嚢胞で、専門医に相談した結果、外科手術により切除するという決断が下されたそうです。

手術は2018年3月23日予定で、その後は腕を固定する副子を付けて2週間のリハビリを実施。完治までには最大8週間かかる見込みとのことです。

shox選手の復帰は4月9日を予定

チームはshox選手が副子を装着することになる3月23日~4月8日に予定されている『ESL Pro League』と『FACEIT』の試合スケジュール変更の希望を運営チームに申請しています。変更が受け入れられない場合は、France Edouard "SmithZz" Dubourdeauxコーチが代理として出場することを想定しているとのこと。

shox選手の復帰日はいまのところ最速で4月9日が予定されています。

情報元