NBA(2/25)

 NBAは25日に各地で5試合を行い、

リーグ全体で首位に立っているロケッツは

敵地デンバーでナゲッツを119―114(前半66―52)で退けて

46勝13敗。

得点部門でトップを走るジェームズ・ハーデン(28)が

6本の3点シュートなどで41得点をたたき出し、

チームは12連勝を飾った。

ハーデンの40得点以上は今季9回目。

12連勝中の平均点差は13・5で、この日の5点差は最も少なかった。

 ナゲッツは33勝27敗。

ウィル・バートン(27)が25得点を挙げたものの、連勝は4で止まった。

 ペリカンズは敵地ミルウォーキーで

バックスを延長の末に123―121(前半49―66)で下して5連勝で33勝26敗。

ジュルー・ホリデー(27)が36点をマークし、

23日のヒート戦に続いて延長を制して西地区全体6位に浮上した。

 バックスも23日にラプターズ戦に続いて

2試合連続の延長戦となったが、白星のあとは黒星。

クリス・ミドルトン(26)が25得点を稼ぎ、最大18点をリードしていたが

勝利を逃して33勝26敗となった。

 東地区全体3位のキャバリアーズは

地元クリーブランドでスパーズに94―110(前半53―50)で敗れて35勝24敗。

レブロン・ジェームズ(33)は33得点、13リバウンド、9アシストをマークしたが、

勝負どころの第4Qでは20―34とリズムを作れず、

この日76ersに勝った同4位ウィザーズとのゲーム差は0・5となった。

 スパーズは連敗を4でくい止めて36勝25敗。

ラマーカス・オルドリッジ(32)が27得点を記録してロード6連戦(2勝4敗)を終えた。

 ウィザーズに敗れた76ersの連勝は7でストップ。

東地区全体10位のホーネッツは4連勝をマークし、

プレーオフ争いに望みをつないでいる。

 <その他の結果>

*ホーネッツ(27勝33敗)114―98ピストンズ(28勝31敗)

*ウィザーズ(35勝25敗)109―94 76ers(32勝26敗)

 *はホーム

 

(スポニチアネックス)