ONE OK ROCK『Ambitions』


「ロックバンドにすがって自分から逃げる時代は終わりました。僕たちがこのステージで歌ってさいたまスーパーアリーナを埋め尽くす時代がきたということは、音楽を受け取る側も何かしら変わらなければいけないと思う」(Taka)

 ONE OK ROCKがこれほどまでに高い人気を集めるのは、彼らが“人間臭いカリスマ”だからなのかもしれないーー最新作『Ambitions』を聴き、それを携えたツアー『ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR』を見たうえで、そう強く思わされた。

 『Ambitions』は、ONE OK ROCKにとってこれまでのなかで最も“可能性”の詰まったアルバムだ。英詞の割合も多くなり、サウンドはUSのエモーショナルでポップなスケール感を獲得するなど、彼らの音楽が届く射程距離を世界規模まで広げた。そして、日本語詞が少なくなった結果として、短いワンセンテンスがより際立ち刺さる構成になった歌詞、グローバルになりながらもどこか日本らしさの残るサウンドは、これまでの聴き手を魅了しながら、さらに深いところへ連れていく。バンドとファンの相互に新たなきっかけをもたらした作品といえるだろう。

 そんな『Ambitions』を携えたツアーは、直前の1月に北米ツアーを、7月からはワールドツアーを予定するなか、日本全国を隅々まで回るように32公演が行なわれた。今や世界的なバンドになった彼らが一つひとつの都市を丁寧に訪れるというのは、彼らの規模感では異例ともいえるが、それでも全国のファンに直接会いたい、一人でも多くの人に自分たちの音楽を届けたいという気持ちの表れだろう。WANIMAやReN、Suchmosといった期待の若手から、Mr.Childrenのような大先輩、海外からのゲストとしてFall Out Boyを招聘するなど、ジャンルの垣根を飄々と超えてくる幅広い共演陣のブッキングも、彼らにしかできない離れ業だ。

 ツアーが終わったいま、改めて筆者が見た3月25日のさいたまスーパーアリーナ公演をもとに、そのパフォーマンスについて振り返ってみたい。共演相手は、ONE OK ROCKが現在海外でリリースする際のレーベル<Fueled by Ramen>にかつて所属した先輩バンドであり、2013年に4年の活動休止期間を経てカムバックしたFall Out Boy。「This Ain’t A Scene, It’s An Arms Race」「Thnks Fr Th Mmrs」などの代表曲で会場の温度を一気に引き上げたり、「Dance, Dance」で観客を踊らせ、「I Don’t Care」ではキャッチーなサビで爽快なシンガロングが響き渡るなど、シーンの先輩としての風格も見せつつ、結成から16年が経ったいまもなおフレッシュなサウンドを響かせてくれていた。

 先輩の強烈なパフォーマンスが先に行なわれたあとに、ONE OK ROCKの演奏がスタート。冒頭、シリアスなメロディの「Ambitions -Introduction-」から激しいキメの応酬へと移り変わり、Takaが<This is the end of you and me>と歌って「Bombs away」が始まる。『Ambitions』と同じ立ち上がりだが、彼らの表現力がその緊張と緩和をより効果的にもたらし、会場全体に「とんでもないライブが始まった」という高揚感が伝播する。新旧の楽曲が織り交ぜられたセットリストは、過去の楽曲をよりスケールアップして見せつつ、彼らの現在形をしっかりと提示していた。

 この公演におけるハイライトを順に挙げるとすると、まずは序盤の「Taking Off」と「Cry out」。ここ数年でスケールアップしたONE OK ROCKを象徴する2曲は、海外ツアーでも人気の楽曲だ。サビのシンガロングは全世界のファンが共通して楽しめるくらい、シンプルに削ぎ落とされながらもキャッチーなフレーズと、Tomoya(Dr.)とRyota(Ba.)による分厚いリズム、Toru(Gt.)の強烈なギターサウンドでさいたまスーパーアリーナが大きく揺れる。そして中盤の「69」は、『人生×僕=』(2013年リリース)からの1曲。元来強いメッセージ性をもつ曲だが、着実に夢を叶え、大きくなった今のONE OK ROCKが<この時代に生まれる事が出来たからこそ何かをぶっ壊す必要があって 新しい何かを築いてその何かを今度は誰かがまたぶっ壊して前に進んで行く必要がある気がする>と歌うことは、楽曲とバンドのスタンスにより深みをもたらす。

 そして、これまでのツアーにはなかった試みとして、メンバー全員による長尺のMCコーナーも設けられた。『Ambitions』を機にONE OK ROCKを知ったファンも多いなか、4人のキャラクターを知れる貴重な時間でもある。中盤では約15分間にわたるMCが行なわれた。Toruの髪色をイジったことをきっかけに全員が髪色の話で楽屋トークのような雰囲気を作ったり、Takaが最近ハマっている芸人の話をしたり、Tomoya・Ryota・Toruによる関西弁トークにTakaが茶々を入れるという独特のグルーヴ感も微笑ましい。彼らは今回「距離を近くしたい」というテーマを持ってこのツアーに臨んだようだ。だとすると先述のように全国の都市をくまなく回ったことにも納得がいく。そんなトークのあとは、過去の楽曲ながらCM起用で大きな人気を獲得した「Wherever you are」が、Tomoyaのピアノ演奏を含むアコースティックバージョンで披露された。Taka曰く「結婚式でかけてもらうことも多くなった」というこの曲が、さらにメロディアスなサウンドでパフォーマンスされたことも、バンドの器の大きさを証明する一つの要素だろう。

 そんなフレンドリーな雰囲気は、彼らの決意表明ともいえる「I was King」後のMCで一変する。10年が経過したことを「簡単に説明できない年月」としたTakaは、「今回のアルバムを作る前に色々考えました。今までの、これからのONE OK ROCKはなんなのか。ONE OK ROCKはどうあるべきか。昔から知っている人からすれば『海外にかぶれちゃった』と思うかもしれない。このアルバムを聴いて好きになってくれた人もいるだろうし、このアルバムを聴いたことで嫌いになった人もいるかもしれない。そんなことは承知で作ってるし、止まっちゃいけないと思ってる」と、『Ambitions』制作にあたっての葛藤を明かした。そのうえで「ONE OK ROCKは自分たちのキャパを超えて色んな人が知ってくれるバンドになっちゃって、正直自由に発言ができなかったりもする。そういう環境がとても窮屈です。ただ歌が歌いたくて、みんなと同じ空間で幸せに過ごしていたいと思う30歳手前の人間なのに」と、自分もまた一人の繊細な人間であることを覗かせる。

 上記の発言のあと、Takaは観客にこう語りかける。

「これからは、1曲1曲に背中を押されるというのではなく、ONE OK ROCKが今の夢を追いかけている姿を見て『自分たちも頑張らなきゃ』と思ってほしい。だから、ONE OK ROCKがいないと生きていけないというのは、ONE OK ROCKのファンとして今後一切やめていただきたいと思います。僕たちはアイドルでもボーイズバンドでもなくロックバンドです。そしてロックバンドにすがって自分から逃げる時代は終わりました。僕たちがこのステージで歌ってさいたまスーパーアリーナを埋め尽くす時代がきたということは、音楽を受け取る側も何かしら変わらなければ行けないと思う」

 ONE OK ROCKは、近年まれに見るカリスマ性を持ったバンドだ。それは楽曲にも、ステージングにも顕著に表れている。ただ、どこまでステージが大きくなっても、自分たちのキャパシティを超えても、彼らが元来持つ人間臭さ、人懐っこさは決して消えることはない。このMCの後に披露された「The Beginning」も「Mighty Long Fall」も、18歳のために作った本編最後の「We are」も、一方的に価値観を押し付けるのではなく、観客と一緒に叫び、戦い、鼓舞する楽曲だ。サウンドの質感は変われども、その根本にあるスタンスが揺らぐことはない。

「僕はこれからも正直に生きて行くし、あなたたちのことを心から愛しています。こんな僕らですが、共に戦い、自分たちの夢に向けてしっかり走っていけるように、これからもONE OK ROCKを末永くよろしくお願いします」(Taka)

 ONE OK ROCKはこのあとも、先述したワールドツアーやLinkin Parkとのライブを行なうほか、8月には世界的な音楽フェスティバル『Reading and Leeds Festival』にも出演する。Spotifyでの再生数も一億回を超えるなど、2017年は彼らにとってもう一段階ギアを上げる一年といえるだろう。そんななかで、距離感の近さと人間臭さ、そしてカリスマ性を見せつけてくれたこのツアーは、バンドとファンの絆をさらに強固なものとした大事なものとして、この先の大きなポイントになったのではないか。

 1月11日にリリースされるONE OK ROCKのニューアルバム『Ambitions』は、日本の音楽シーンのみならず、海外のロックシーンに大きな衝撃を与える1枚になることは間違いない。ご存知のとおり、彼らは2015年にアメリカの<Warner Bros. Records>と契約を結び、2月に国内リリースした7thアルバム『35xxxv』をすべて英語詞で歌い直し、新たに『35xxxv Deluxe Edition』と題して同年9月に北米で発表。昨年にはその<Warner Bros. Records>から<Fueled By Ramen>への移籍を発表し、今回の『Ambitions』は日米同時発売が予定されている。

 洋楽ロックから強い影響を受けバンドをスタートさせたONE OK ROCKは、結成以降国内を中心に活動を続けてきたが、2012年の『”Start Walking The World Tour”』を皮切りに海外でのライブも展開。2014年にはアメリカのサーキット型フェス『Warped Tour』に参加したほか、2016年にかけてはオーストラリア出身の人気バンド、ファイブ・セカンズ・オブ・サマーの北米ツアーに帯同するなど、その活動はどんどんと世界中に拡大している。

 ONE OK ROCKの海外リリースは、先に挙げた『35xxxv Deluxe Edition』まで実現していなかった。にも関わらず、彼らは海外での成功を夢見て精力的なツアーを重ねてきたわけだ。ところが、彼らの音楽はYouTubeなどインターネットを通じて海外の音楽ファンにも少しずつ拡大。Taka(Vo.)の持つ唯一無二の個性的な歌声、そして海外の流行を察知しつつ同時代性を常に持ち合わせた楽曲&サウンドが一部の海外ファンから支持されていったのだ。そこに海外での地道なライブ活動が後押しして、その人気を確かなものにしていったと推測する。

 日本国内では近年、アリーナ規模でのライブが常となっている彼らも、海外では新人。実のところ、これだけ大会場でのライブ経験が多い新人はなかなかいない。そんな百戦錬磨のONE OK ROCKが海外で、国内の何分の1、あるいは10数分の1の規模の会場で本気のライブをしたらどうなるか……答えはおわかりいただけるはずだ。

 バンドの持つポテンシャルがダイレクトに伝わり、その人気を確かなものにしたこのタイミングに放たれるニューアルバム『Ambitions』。1年数カ月前に海外リリースされた『35xxxv Deluxe Edition』とは違った反応が得られることは間違いない。と同時に、このニューアルバムは「それまでのONE OK ROCKからの脱却」も強く感じられる内容なだけに、日本国内でもどういう反応を得られるのかが非常に興味深いところだ。

 「それまでのONE OK ROCKからの脱却」は、少なからず前作『35xxxv』からも断片的に感じ取ることができた。2010年発売の4thアルバム『Nicheシンドローム』以降、エモを軸にした楽曲の強度をより高めていき、2013年の6thアルバム『人生×僕=』あたりからはより海外を意識したサウンドメイキングが目立ちはじめ、そのひとつの完成系が『35xxxv』だったと言っても過言ではない。スピード感のある楽曲と大陸的で大きなノリを持つミドルチューン、そして繊細さを前面に打ち出すバラード。これが『35xxxv』までのONE OK ROCKの魅力であり、個性であったと言える。そして、その中にほんの少しだけ見え隠れした「この先」を示唆するサウンド。それが同作のラストナンバー「Fight the night」だったのではないかと、最新作を聴いてから改めて感じる。とはいえ、「Fight the night」は『Ambitions』で見せたほどの大胆さは感じられず、あくまで『35xxxv』の枠内で最大限の「新しいONE OK ROCK」を見せているにすぎない。

 『35xxxv』から約2年を経て届けられた8枚目のオリジナルアルバム『Ambitions』では、ここ数作で均衡を保っていた3要素のバランスが一気に崩れ去った。アルバムのオープニングを飾ることが多かったスピードナンバーは減退し、ミドルテンポ、もしくはミドルアッパーの楽曲を軸にアルバムは進行するのだ。しかも、サウンドメイキング面でも新たなチャレンジがそこかしこに散りばめられている。各楽曲ではTakaのボーカルが前面に打ち出されているのだが、その歌声を盛り上げるためのサウンド……ここでは「Fight the night」で見せたモダンなエモやR&Bなどの要素がさらにスケールアップ。具体的にいうと、ここ数年のシーンを代表するサウンド……例えばフォール・アウト・ボーイが再始動後に発表したアルバム『セイヴ・ロックンロール −FOBのロックンロール宣言!』『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』、英米で大成功を収めたブリング・ミー・ザ・ホライズンの最新作『ザッツ・ザ・スピリット』、そして昨年全米1位を獲得したパニック!アット・ザ・ディスコのアルバム『DEATH OF A BACHELOR / ある独身男の死』にも匹敵する新たなオリジナリティが確立されつつある。

 これまで外部のプロデューサーと一緒に制作を進めてきたONE OK ROCKだが、最新作でアルバム制作の舵を取ったのはTaka自身。これも新作での大胆なシフトチェンジがスムーズに進んだ要因だろう。Takaの中に確たる新たな道標が見えていたからこそ、迷いなくここにたどり着くことができたのだ。その結果、国内のエモ/ラウドシーンを見渡しても類似したサウンドが見当たらない、唯一無二の作品を作り上げることに成功した。このアルバムが2017年のスタートと同時にドロップされるのは、それくらい衝撃的な出来事なのだ。

 アルバムの中にはアヴリル・ラヴィーンや盟友ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーをフィーチャリングゲストとして迎えた楽曲(「Listen (featuring Avril Lavigne)」「Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)」も収録されているが、これだけ個性の強いゲストが参加してもONE OK ROCKの個性がブレることはない。むしろこのアルバムの肝はそこではなく、先行公開された「Taking Off」「Bedroom Warfare」「I was King」のような楽曲なのだ。

 そして、今作では日本向けと海外向けの2仕様がそれぞれ用意され、海外向けアルバムではすべて英語詞で歌われているのだが、実は国内向けアルバムの歌詞も“ほぼ英語詞”と言い切ってしまいたくなるほど英語詞の占める比率が高い。アルバムのブックレットを開いて歌詞を見ればわかるはずだが、どの曲も日本語詞はほんの数行程度。歌詞を見ないでアルバムを聴いても、ずっと英語で歌われている中、突如日本語のフレーズが飛び出してドキッとさせられることのほうが多いくらいだ。実はこの歌詞の表現方法も、サウンド面同様に新たなチャレンジと言える。英語詞メインで歌う中、特に強く伝えたいパートを日本語で伝える。非常にリスキーなやり方だが、デビューから10年を経たONE OK ROCKがさらにここからの10年を戦っていくためには必要なチャレンジなのかもしれない。

 地道な海外ツアーを重ねることで、その実力を各地でアピールし続けたONE OK ROCK。彼らが歩んできたこの10年は、変化と進化の歴史でもある。昨年9月に開催された静岡・渚園特設会場での野外単独ライブ『ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN』で、彼らはその変遷をダイレクトに伝えてくれた(参照:ONE OK ROCK、2日で11万人動員ライブも通過点に 熱狂の渚園ライブをレポート)。あのライブがこれまでの活動に対する集大成とは言わないが、今回のニューアルバムを聴くとあそこでひと区切りを付け、再びここから新たな道を切り開こうとする強い意思が感じられるのだ。果たしてこの意欲作が国内のロックファンにどう受け入れられるのか、そして海外のロックファンはライブパフォーマンスに続いてこのサウンドも支持するのか。結果はすぐには出ないかもしれないが、アルバムリリース後に行われるであろう国内外でのツアーを通じて見えてくることだろう。

 E-girlsの4作目『E.G. CRAZY』が初登場1位。売り上げは93,165枚。10万枚まであと少しというこの数字は、グループ史上最高記録です(オリジナル作品としては。ベスト盤は初週で17万枚を突破)。EXILEの妹分として7年前に始動し、アイドルとは異なる「パフォーマンスグループ」であることを主張してきた彼女たち。音楽番組を見ていても、ダンスのキレの違い、かわいさよりもクールさをアピールする目線など、同性から「かっこいい!」と言われる存在でありたい、という意識が強く伺えます。

 実際、彼女たちに憧れてダンスを始める小中学生女子は星の数。E-girlsを頂点とするピラミッドの最下部には、ダンススクール「EXPG」がありますが、入りたくても定員制のため現在5〜6年待ちが当たり前だそう。華やかなエンターテインメントとして成功し、素人を取り込むビジネスとしても大成功しています。素人参加型のオーディション番組は昔からありましたが、EXPGは「ここは夢を叶える場所」と前置きしながらも「スキル向上だけが目的ではない」「情熱や夢を一緒にわかちあうことが素敵」というスタンスを貫くため、E-girlsになりたいキッズからJSB好きのOL、あるいはダイエット目的の中高年までが集まれるわけですね。音楽や表現というものを、専門学校やカルチャースクールのような商売に変換してみせたLDHグループって、やっぱり発明のひとつだなと今さらながら思います。

 自分もやりたいと思う。ああなりたいと憧れる。LDHグループやAKBグループが狙うのは、こういう心理でしょう。シンガーソングライターやロックバンドであっても、まず「自分もやりたい」と思わせなければ、今の日本でエンターテインメントはなかなか成立しません。ビヨンセを見て「私もこうなれる」と思う人は少数でも、E-girlsなら「入りたい」と思えてしまう。敷居の低さ(本当は全然低くないんだけど)、言い換えるなら共感のしやすさ。これが長年エンタメ界のキーワードだったわけです。しかし。

 注目したいのは今週4位のONE OK ROCK。ニューアルバム『Ambitions』が先週23万を突破して首位を獲得、今週は約3万8千枚のセールス。同時に輸入盤のほうも先週3万7千枚→今週1万1千枚とトップ10内にランクイン。すでにトータル32万枚以上という驚異的な売り上げを誇っています。素晴らしい記録ですが、同時に小さな疑問も生まれます。今のONE OK ROCKに「共感」の要素、ゼロじゃないの? と。

前作『35xxxv』はアメリカのロックシーンを強く意識した作品でしたが、新作『Ambitions』に至っては、もはやアメリカのショービズそのものといえる内容です。ダイナミックなシャウトも消え去り、アメリカの音楽シーンの主流であるR&Bっぽいエレクトロ・サウンドを導入。著名なプロデューサーの意見やアレンジもどんどん取り入れて完成度を高めていったそうです。日本の我々はロックバンドというものを「メンバーの結束力や爆発力」で語りがちだし、なんとなく「外部の人にいじられたら負け」のように思い込んでいますが、そういう狭い了見を彼らはとうに飛び越えています。アメリカで売れるために。アメリカ人の心を捉えるために。その基準で作られたハイクオリティなサウンドを前にして、どこかの少年が「俺もバンドやってみよ」なんて気安く思ったりはしないはず。ただただ圧倒され、スケールの違いに度肝を抜かれる。初めて洋楽に触れて「海外ってすげぇ!」と思った時のような感触を、このアルバムで味わっている若者たちがいることは想像に難くありません。

 そういう作品が二週間で32万枚も売れた事実。ONE OK ROCKは、共感できる歌が売れるという日本の常識からまず離れることで、新しいロックスターになり得ている。それだけに飽き足らず、世界のポップスターの座を狙っている。彼らの挑戦はどこまで続くか。頼もしい限りです。

■リンキン・パーク×ONE OK ROCK
017年6月1日(木)に発売する『rockin’on』2017年7月号の表紙とラインナップを公開しました。今月号の表紙巻頭はリンキン・パーク×ONE OK ROCKです。

そのほかラインナップは以下の通り。

———————————————
● LINKIN PARK × ONE OK ROCK
2017年日米ロック頂上対談が実現!! 現代のシーンを牽引するリンキン・パークとONE OK ROCKの最強2バンドが本音で語り合った――お互いの新作や目前に控えたリンキンのツアーでの共演について、ロックの今と未来、そして希望。更には豪華フォトセッションも!!

● U2
ツアーで出会ったアメリカの原風景、ルーツ・ミュージックへの憧れ、そして信仰の悩み――『ヨシュア・トゥリー』リリースから30年、歴史的名盤の知られざる裏側をメンバー及び、ブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワらが明かした完全制作ドキュメント

● ED SHEERAN
やっぱりエドはギターで世界を制した。独占超ロング・インタヴューにて明かす、アルバム 『÷(ディバイド)』の大ヒットへの自信とは? 話題になった「ジャスティン・ビーバー殴打エピソード」も語る


来日公演ビッグ3
● PAUL McCARTNEY
何度でも、ポールは私たちに夢を見せてくれるーー6度目の来日となったポール・マッカートニー、感動の武道館公演及び、東京ドーム公演を松村雄策がたっぷりレヴュー!

● COLDPLAY
コールドプレイ、祝祭感溢れる東京ドーム公演レポ。極彩色の輝きの中で、ポップとロックが弾け合い、4万5000人が一体となった圧巻のエンターテインメント!

● THE STONE ROSES
武道館に鳴り響いた完全無欠の“アイ・アム・ザ・レザレクション”! ザ・ストーン・ローゼズ、念願の22年ぶり単独公演で見せた「4人の奇跡」 


● THE BEATLES
ロック・アルバムの概念を変えた 『サージェント・ペパーズ』 を徹底検証!! 50周年記念盤のミックスを手掛けたジャイルズ・マーティンが今こそ語る、魔法の 「ビートルズ・サウンド」 の秘密

● ROGER WATERS
ロジャー・ウォーターズ、ピンク・フロイド結成50年とともに25年ぶりの新作をリリース!! ナイジェル・ゴドリッチと制作した作品について、トランプ、そして現代の「壁」を語る 

● KASABIAN
祝・英チャート5作連続1位! 現代UKロックの王者カサビアン、ロング・インタヴュー続編。ノリノリのサージが語る理想のポップ・ミュージックとは?

● EDC JAPAN 2017
待望の巨大フェスがついに日本上陸! ゼッド、マーティン・ギャリックス等が繰り広げた、その圧倒的スケールの祝祭空間を徹底レポート

● PAUL WELLER
「モッド・ファーザー」 ポール・ウェラー。自らの原点を見つめ、ブラック・ミュージックへの愛情を露わにした新作『ア・カインド・レボリューション』で表現した革命とは?

● RIDE
21年ぶりの新作は多彩なサウンドが煌めく新機軸! バンドの過去、現在、そしてシューゲイザーについての思いを明かす

● THE AMAZONS
UK期待の新星ジ・アマゾンズ! 破格のスケールのバンド・サウンドを鳴らす彼らが、ギター・ロックから自由である理由

● ROYAL BLOOD
爆風ロック・デュオ帰還! 最小単位のロック・バンドがセカンド・アルバムでの更なる深化でまたもやシーンを驚かす!

● THE STRYPES
ニュー・アルバム到着! 進化を続けながらも、あくまでもロックンロールにこだわり続けるストライプスの“必然”を改めて探る

● ALT-J
アルト・ジェイ、新作のインスピレーションはフォークからSMまで!? 実験精神を究極のポップに仕上げる彼らの創作に迫った!