Vプレミアリーグ・ファイナル6

 バレーボールのプレミアリーグは24日、

大阪市中央体育館などでプレーオフのファイナル6が行われ、

男子はパナソニック、女子はJTが決勝進出を決めた。(時事通信)

 パナソニックは豊田合成に0―3で敗れ、ともに勝ち点14。

規定によりレギュラーラウンド1位のパナソニックが決勝に進み、

豊田合成はファイナル3に駒を進めた。

 女子で既にファイナル3以降のラウンド進出を決めていた同士の対戦は、

JTが久光製薬にストレート勝ち。

5連勝で勝ち点18とし、同16の久光製薬を上回った。

久光製薬は21戦全勝のレギュラーラウンドを通じて初黒星を喫した。