『巌流島 ADAUCHI 2017 in MAIHAMA ~サムライたちの仇討ち(REVENGE)~』試合結果


第8試合 仇討ち 無差別級 3分3R
○菊野克紀(フリー/巌流島全アジア武術選手権’16優勝、元DEEPライト級王者/MMA、沖縄拳法空手)
×マーカス・レロ・アウレリオ(ブラジル/カポエイラ)
1R 1’52” 一本 (レフェリーストップ:左足の負傷)

第7試合 寝技30秒特別ルール 無差別級 3分3R
○関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ/ブラジリアン柔術)
×ロッキー川村(パンクラスイズム横浜/パンクラス・ミドル級王者/MMA)
判定2-1 (梅沢=シュレック/芹沢=川村/賀数=シュレック)

第6試合 仇討ち 85kg契約 3分3R
×ミケーレ・ベルギネリ(イタリア/カルチョ・ストーリコ(喧嘩フットボール))
○マーカス・ヴィニシウス(ブラジル/カポエィラ)
1R 2’19” 一本 (レフェリーストップ:左膝蹴り→グラウンドパンチ)

第5試合 88kg契約 3分3R
○近藤有己(パンクラスイズム横浜/MMA、少林寺拳法)
×後藤龍治(究道会館蹴道部/キックボクシング)
判定3-0 (梅沢=近藤/賀数=近藤/芹沢=近藤)

第4試合 無差別級 3分3R
○シビサイ頌真 [しょうま](ハニートラップ/柔道、ブラジリアン柔術、倉本流武術)
×楠ジャイロ(ブラジル/ZOOMER/元J-NETWORKヘビー級王者)
1R 0’41” 一本 (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第3試合 仇討ち 63kg契約 3分3R
×般若HASHIMOTO(志村道場/キックボクシング)
○原 翔大(リバーサルジム川口REDIPS/極真館’13全日本ウェイト制65kg級優勝/空手)
判定0-3 (長瀬=原/伊藤=原/芹沢=原)

第2試合 仇討ち 76kg契約 3分3R
×種市純也(フリー/沖縄拳法空手)
○クンタップ・チャロンチャイ(タイ/元WMC世界ウェルター級王者/ムエタイ)
3R 0’43” 一本 (右フック)

第1試合 80kg契約 3分3R
○中島大志(フリー/相撲)
×真王DATE(Team DATE/インド王族武術)
2R 2’42” 合わせ一本 (転落3回)

 9月2日に千葉県の舞浜アンフィシアターで開催された『巌流島 ADAUCHI 2017 in MAIHAMA ~サムライたちの仇討ち(REVENGE)~』の試合結果。メインイベントの菊野克紀 vs. マーカス・レロ・アウレリオはアウレリオがバックスピンキックを打った際に左足を捻ってしまい自爆。試合後に小見川道大が菊野に再戦をアピールし、菊野が承諾しています。

 関根“シュレック”秀樹 vs. ロッキー川村は序盤が関根、終盤が川村が盛り返し判定の難しい試合になりスプリットデシジョンで関根が勝利。近藤有己 vs. 後藤龍治は終始スタンドの打ち合いで近藤が勝利しています。次回大会は2018年1月3日で会場も同じく舞浜アンフィシアターとのこと。