コナー・マクレガー「ネイト・ディアスとの3戦目を望んでいる」


コナー・マクレガーのマネージャー、オーディ・アッタールが以下のコメント。
「彼は(ネイト・ディアスとの)トリロジー(3試合目)を望んでいる。ハビブ・ヌルマゴメドフのアピールがあったし、その後トニー・ファーガソン vs. ケビン・リーの暫定王座決定戦が決まった。フェザー級チャンピオンのマックス・ホロウェイもいる。選択肢はあるし彼はMMAが好きだ」
「みんな『彼は大金を稼いだから引退するだろう』と言ってるが、彼はとてつもない野心家だし闘うことが大好きだ。スーパー・プロフェッショナル・アスリートだ。まだまだコナー・マクレガーの試合は見られるし、次戦がどうなるかはいずれ分かるだろう」
「(メイウェザーに敗れはしたが)我々は否定的な連中が間違っていることを証明した。フロイド・メイウェザーとボクシングルールで対戦しても早い時間にフィニッシュできると踏んでいたが、フロイドには脱帽だ。我々の世代で最も偉大なボクサーと対戦したコナーのことを誇りに思う」
「彼は自分に厳しい。すでにビデオを見て(メイウェザー戦の)敗因を分析しているし、それはネイト・ディアスとの初戦の後もそうだった。彼は敗北から学んで成長し別人のようになった。負けはホロ苦いが、ある意味とても嬉しいよ」
■ネイト・ディアス「マクレガーと3度目の対戦をするならギャラは最低でも2000万ドルだ」
ネイト・ディアスのボクシングコーチ、リチャード・ペレスが以下のコメント。
「(ギャラは)少なくとも2000万ドルか3000万ドルだ。UFCはとてつもない大金を自分たちのフトコロに入れている。彼らはマクレガーには多くの金を支払っているがそれはフェアじゃない。二人共数字を持っているし、二人共良いファイターだからな。フロイド・メイウェザーだってアンドレ・ベルトと対戦した時は全然売れなかった。一方が数字を持っていなかったらこうなる。あくまで私の見解だが、ネイトとマクレガーは数字を持ってるし、3度目の試合は凄いことになる。みんなもそう思ってるはずだ。だから(ネイトのギャラは)3000万ドルは下らないだろう」
「ネイトがケガをすることなくキャンプを乗り切ったらマクレガーにチャンスはない。(UFC 141の)ドナルド・セラーニ戦の時とか絶好調の時はボクシングの展開になっても上等だ。マクレガーがボクシングをできるのならネイトだってできる」
「ネイトはここ2試合の相手は共にマクレガーだったが、初戦は11日前のオファーだったものの勝つには十分だった。2戦目はケガを抱えていた。だからマクレガーが強くなって戻って来たわけじゃない。マニー・パッキャオだって肩をケガした状態でメイウェザーと対戦して判定負けした。ネイトが絶好調だったらリーチ差とフットワークとコンビネーションを活かした凄い試合になるだろう」