ジュニオール・ドス・サントスに禁止薬物の陽性反応 | UFC 215のフランシス・ガヌー戦が中止


9月9日にカナダ・エドモントンで開催する『UFC 215: Johnson vs. Borg』でフランシス・ガヌーと対戦予定だったジュニオール・ドス・サントスが8月10日にUSADAが行ったランダムの薬物検査から禁止薬物の陽性反応が出たことから欠場するとのこと。UFCは現在代わりの選手を探しているそうです。禁止薬物の詳細については不明。ドス・サントス陣営は「今言えることは彼はPEDは使用してないし故意に禁止薬物を使用したこともない。このスポーツをクリーンにするためにUSADAのポリシーと努力を支持してきた。何が起きたかが判明すれば説明できると確信している」ろコメントしています。

フランシス・ガヌーはツイッターで「俺はメチャクチャ怒ってる!!! トレーニングキャンプはほとんど終わっていたのに対戦相手が欠場するという発表があった」とコメントしています。


■フランシス・ガヌー「ドス・サントスが出られないのならアリスター・オーフレイムとやりたい」
9月9日にカナダ・エドモントンで開催する『UFC 215: Johnson vs. Borg』でフランシス・ガヌーと対戦予定だったジュニオール・ドス・サントスが禁止薬物の陽性反応が出たことにより欠場することを受けてガヌーがツイッターで以下のコメント。
「アリスター・オーフレイムは色んなところで俺について言及してきた。今の俺はオープンでフリーの状態だ。UFC 215でやろうぜ」