ボクシングのロンドン五輪金メダリストの村田諒太が5/20に世界初挑戦!


ボクシングのロンドン五輪金メダリストでWBA世界ミドル級2位村田諒太(31=帝拳)の世界初挑戦が決まった。3日に都内で会見が行われ、5月20日に東京・有明コロシアムで、WBA1位(暫定王者)アッサン・エンダム(33=フランス)とWBA正規王座決定戦を行う。

13年4月12日のプロ転向宣言から約4年…村田が待ちに待った世界戦が、ついに決まった。同8月25日に東洋太平洋ミドル級王者兼日本スーパーウエルター級王者の柴田明雄を2回TKOで破り、鮮烈なプロデビューを飾った有明コロシアムでエンダムを迎え撃つ。
試合が正式に決まったのは、会見前日の2日だという。村田は「ミドル級の世界戦が、日本で出来ることに感謝します」とあいさつした。日本で金メダリストがプロで世界タイトルマッチに挑むのは、64年東京五輪バンタム級金メダリストの桜井孝雄氏が、1968年(昭43)にライオネル・ローズの世界バンタム級王座に挑戦し、判定負けして以来、半世紀ぶり。村田は「金メダリストとして受けた恩恵を返したい」と意気込んだ。
エンダムは35勝(21KO)2敗。カメルーン代表としてアテネ五輪に出場後の04年にフランス国籍を取得し、プロ転向。10年にWBA世界ミドル級暫定王者、12年5月にWBO同級暫定王者を獲得し、同年8月には正規王者に昇格した。プロ解禁の16年リオ五輪では、カメルーン代表として出場し、1回戦で敗退した。オーソドックスタイプで、アマチュアで磨いた技術と、フットワークを駆使したスピーディーなボクシングが信条だ。
一方で、12年10月のWBOミドル級王座戦では、クイリンから6度のダウンを奪われ、15年6月のIBF世界ミドル級王座決定戦でも、レミューから4度のダウンを奪われ、いずれも判定負けと、耐久力には疑問符が付く。村田は「1度の試合で4回、6回倒れても立ち上がり、その他のラウンドは支配した選手。タフファイトになると思う。ボクシングは、オープニングとエンディングが、いつ起こるか分からない緊張感を味わえるのが醍醐味(だいごみ)。自分のいいところは前に出て、強いパンチを打ち殴りかかること。それが通用するかしないか」と展望を語った。
またWBC世界フライ級タイトルマッチ、ファン・エルナンデス(メキシコ)対比嘉大吾(21=白井・具志堅)、WBC世界フライ級タイトルマッチ、ガニガン・ロペス(メキシコ)対拳四朗(25=B.M.B)も決定。当日はトリプルタイトルマッチとなる。

◆2016年は4戦4勝(4KO)———。
昨年12月30日に有明コロシアムで行われた一戦で、村田諒太(帝拳)はブルーノ・サンドバル(メキシコ)を3ラウンドで押し潰すようにストップした。“世界タイトル前哨戦”と銘打たれた一戦に圧勝し、1年を気分良く締めくくることに成功している。
一時は総合力アップを考えすぎている印象もあった村田だが、最近は吹っ切れたような思い切りが感じられる。「海外の方が気持ちが楽。1年半ぶり(の日本)でまた判定やったらボロクソ言われる」といった試合後の正直なコメントも気持ちが良かった。ここまで来れば内容は考えず、勝つことだけを目指してファイトできる。来たるべき大一番には心身ともに良い状態で臨めるのではないか。
すでに報道されている通り、村田のターゲットはWBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(イギリス)。このタイトルへの指名挑戦権を持つサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が、5月6日に予定する次戦でフリオ・セサール・チャベス・ジュニア(メキシコ)とのノンタイトル戦に臨むことになれば、村田のサンダース挑戦にゴーサインが出るという。チャベスとの同国人対決が流れ、アルバレスがサンダース挑戦に向かった場合、村田はもうしばらくウェイティングサークルで待つことを余儀なくされる。
他力本願の部分もあるだけにもどかしさは残るが、いずれにしても遠くないうちに村田のタイトル挑戦は実現する可能性は高い。なぜならば、現在のミドル級は必ずしも層が厚い階級とは言えないからだ。
長い伝統を持つこのクラスでは、WBA、WBC、IBF王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)という怪物が頂点に君臨し、前述通り人気者の元王者アルバレスも再参戦の機会を伺っている。ただ、あとはサンダース、WBA 正規王者ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)、クリス・ユーバンク・ジュニア(イギリス)が目立つくらいで、若手は意外に育っていない。元IBF王者デビッド・レミュー(カナダ)、実力派のウィリー・モンロー・ジュニア(アメリカ)あたりももはや新鮮味に欠ける。
「層の厚いミドル級では挑戦することすらも難しい」。一部のメディアはそう伝えたがるが、実際には昨今のミドル級は完全に“トップヘビー(頂点の選手だけが頭抜けている)”。ゴロフキン、ジェイコブスといった人気選手が、大興行に起用できるだけの対戦相手を見つけるのも容易ではない状況が続いていた。
そんな中で、元五輪金メダリスト、プロでも無敗レコードを保持し、世界的にリスペクトを集める本田明彦会長(帝拳ジム)にプロモートされる村田が、タイトル挑戦の機会を得られないとは考え難い。ロンドン五輪で名を売っただけに、特にイギリスでのサンダース挑戦は理に叶う。遅くともゴロフキンが全団体のタイトル統一後にスーパーミドル級に上がる頃には、空位になる王座決定戦の出場選手として声がかかるはずだ。
日本のボクシングファンにとってのベストの流れは、やはり5月6日にカネロ対チャベスが決まることだろう。そうすれば、村田は相性的にも悪くなさそうなサンダースに挑戦できる。試合予想は決定後にしたいが、村田がイギリスで大番狂わせを起こせば、その先にはさらに大きな夢のような舞台が見えてくる。
3月のジェイコブス戦(すでに決定済み)、9月に計画されるカネロとのスーパーファイトを下馬評通りにゴロフキンが制すれば、カザフスタンの怪物はミドル級での最後の仕事としてWBOタイトルに狙いを定めるはずだ。そのときに、もしも村田がWBO王座を保持していれば……。
すべてがシナリオ通りなら、今年末以降、ゴロフキン対村田のミドル級世界4団体統一戦という日本ボクシング史上空前のスーパーファイトが実現することも考えられるのである。
もちろん現時点では余りにも「If」が多すぎて、現実的には響いてこない。しかし、この初夢はもはや単なる絵空事ではなくなっているのも事実。そんなドリームプランに、2016年中に少しでも近づいていくことができるか。
30歳を迎えた村田にとって、プロキャリアで最も重要な1年がいよいよ始まろうとしている。

◆村田諒太の年収やファイトマネーは?
生活できるのは日本チャンピオン以上と言われるぐらい厳しいボクシングの世界。
でもそこはオリンピックで金メダルを獲得した村田選手はやはり特別!
なんとデビュー戦のファイトマネー(出場給)が『1000万』円。
通常は3万円~4万円と言われますからこの金額がどれだけスゴイかわかりますよね!?

もし世界チャンピオンになることがあれば、村田選手の年収は数十億円の世界になってくるでしょう。
頑張れ!村田諒太!竹原さんに続くミドル級のベルトをぜひとってほしいです!