ボクシング世界戦「日本人対決」の意義


最初は50年前だった。ボクシングの世界戦での日本人対決。IBFスーパーバンタム級で小国以載が岩佐亮佑の挑戦を受けたのが、35試合目だった。

 2人は高校時代に1度対戦し、11年半ぶり再戦となった。ともにプロになって3年前まではよくスパーリングし、プロではいい勝負だったという。アマでは高1の岩佐が高2の小国に8-18で快勝し、決勝にまで進んだ。今回は6回TKOで岩佐がまた勝った。

 岩佐は「初対戦はあまり覚えていないが、鼻血を出して手を上げられた」と話していた。小国は終始弱気発言。「誰だって最初が印象に残る。負けた方は忘れないでしょ」。

 小国は的確にポイントを狙っていき、ダウンを奪っても「この回はもらった」と深追いしない。捨てるラウンドもある。防衛戦だけに「引き分けでもいい」と言っていた。それが初回から前に出た。先制攻撃を仕掛ける玉砕戦法。左が大の苦手だった。逆に岩佐は「6割方下がると予想していたが来てくれた」と思いもよらぬ展開。1、2回に左で3度ダウンを奪って、悲願達成となった。

 67年に王者沼田が小林の挑戦を受けたのが、日本人対決の第1戦だった。12回KOで小林が王座を奪取した。35試合のうち2試合が正規王者と暫定王者、1試合が2団体の王者による統一戦、3試合が王座決定戦。この6試合を除く29試合で、挑戦者で勝ったのは5試合しかない。

 内外で日本人と日本のジム所属外国人が、800試合を超える世界戦を繰り広げてきた。35試合と言えば5%に満たず、5人の勝者は1%もいかない。海外の王者に挑んでいくのが世界戦の基本。日本人対決は、一般には無名の海外王者より少しでも名が通る日本人相手で、安易なマッチメーク、集客、経費抑制、視聴率期待などの思惑が見える。

 前座では昨年世界初挑戦失敗した和気が8回KOで世界ランク復帰を確実にし「勝者に挑戦したい」とアピールした。岩佐は元々「日本人対決の意識はない」と言い、「日本人なら挑戦者決定戦を勝ち上がってきてほしい」と注文をつけた。

 海外で世界初挑戦に失敗し、その後も挑戦者決定戦で相手が計量失格など、苦難の道を1歩ずつ歩んできた。「小国さんのためにも王座を守り続けたい」と先輩に敬意を示すとともに、「海外にも挑戦していって、有名より強くなりたい」。最近は粗製乱造気味と言われる世界王者だが、一家言ある新王者が誕生した。