ボクシング | ダウンの影響で田中恒成が試合後に頭痛訴え救急車で緊急搬送 


「ボクシング・WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)
ダブル世界戦のセミファイナルでWBO世界ライトフライ級タイトルマッチで2度目の防衛に成功した王者・田中恒成(22)=畑中=が、試合後に救急車で大阪市内の病院に搬送された。

田中は試合後、控室で「頭が痛い」と訴え、精密検査のため救急車で病院に搬送された。関係者によると、意識ははっきりしており自力歩行も可能だが、大事を取っての処置だという。

田中はWBO世界ライトフライ級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=を9回1分27秒TKOで下した。
しかし、初回終了間際に右ストレート浴びた田中が後方にダウンしていた。

■田中恒成「残念な全国デビュー」
ダブル世界戦のセミファイナルでWBO世界ライトフライ級タイトルマッチが行われ、王者・田中恒成(22)=畑中=が9回1分27秒TKOで、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=を下し、2度目の防衛に成功した。この勝利で、かねてから熱望しているWBA世界同級王者の田口良一(30)=ワタナベ=との王座統一戦に大きく前進した。

幕開けは波乱だった。初回終了間際に右ストレート浴びた田中が後方にダウン。国際式ではこれといった実績のない13位の挑戦者の一撃に会場が静まりかえった。
2015年大みそかのビック・サルダール(フィリピン)戦以来、人生2度目のダウンを喫した田中はなかなかペースをつかめない。4回には相手のパンチで右まぶたを切り裂かれた。5回に入り、ようやく田中が反撃。左ボディーで挑戦者の動きを止める。8回終盤には連打からの左フックでパランポンをよろめかせた。そして9回、右ストレートで痛烈なダウンを奪うと、再開後は壮絶な打撃戦に打ち勝ち、レフェリーのストップを呼び込んだ。

田中は15年5月に日本最短となるデビュー5戦目でWBO世界ミニマム級王座を獲得。1度防衛後に返上し、昨年大みそかにモイセス・フエンテス(メキシコ)との決定戦を5回TKOで制し、8戦目で2階級制覇を達成した。今年5月に16戦16勝(16KO)の強豪、アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)からダウンを奪っての判定勝ちで初防衛に成功。2度目の防衛戦となる今回、初めて中部地区ローカルの枠を外れて、試合が全国に中継された。「俺って全然持ってない男だと思いました。こういう試合でこういう勝ち方。ちょっと自分にがっかりです。ちょっと残念な全国デビューになりました」とダウンを喫した試合を振り返った。

田口との統一戦に向けては「こういう試合では…」と一度とぼけたものの「やります」と力強く言い切った。
田中の通算戦績は10戦10勝(6KO)。パランポンは32戦24勝(10KO)8敗。