ボクシング | 田中恒成が左眼窩底骨折で田口良一との統一戦は絶望的


ボクシングWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22)=畑中=が2度目の防衛から一夜明けた14日、大阪市内で会見を行った。
田中は13日に行われた挑戦者パランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=とのタイトルマッチを9回1分27秒TKOで制したが、初回に右ストレートでダウンを喫し、試合後に控室で「頭が痛い」などと訴え、検査のため救急車で大阪市内の病院に搬送されていた。

両目を大きく腫らした田中は「相手の一発目のジャブが左目に当たり、二重に見えた。右目もふさがり、カットまでしてしまった。今はケガしてしまった悔しさと情けなさでいっぱい。田口選手はもとより関係者の皆さまに申し訳なく思っています。すみませんでした」と神妙な表情で話した。

同ジムの畑中清詞会長は13日のCT検査の結果、脳内の出血などは見られなかったものの、左眼窩底骨折の疑いがあると診断されたと明かし、地元・名古屋に戻って午後にも精密検査を受ける予定だという。同会長は「未来があるので、体を完璧にすることを第一優先にして、治った時にあらためてに次の展開を考えたい」とし、年末にも実現を目指していたWBA同級王者・田口良一(30)=ワタナベ=との統一戦は困難な状況となった。

日本人同士の他団体王座統一戦が実現すれば、12年6月に行われたWBCミニマム級王者・井岡一翔(井岡)とWBA同級級王者・八重樫東(大橋)の対戦以来、国内2度目という歴史的な一戦だった。

WBO世界ライトフライ級(48・9キロ)王者の田中恒成(22)=畑中=が9回TKO勝ちしたV2戦から一夜明けた14日、大阪市内で会見し、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=から初回早々にもらったパンチで左眼窩底骨折の疑いがあると判明した。14日午後にも、名古屋市内の眼科で検査を受けるが、骨折なら、年内実現を目指す同階級のWBA王者・田口良一(30)=ワタナベ=との統一戦プランが宙に浮いてしまう。

 田中は1回に右ストレートでダウンを奪われ、4回には相手のパンチで右まぶたをカット。流血などによるTKO負けを避けるため中盤からピッチを上げ、9回に右ストレートでダウンを奪い返すと、その後のラッシュで逆転TKO勝ちした。試合後は頭痛や吐き気を訴え、大事をとって救急車で大阪市内の病院へ。CTを撮ってもらい、脳内出血は見あたらなかったが、眼窩底骨折の疑いがあるとされた。

 この日、腫れ上がった顔で会見した田中は「開始直後、相手にもらった一発目のジャブが左目に当たり、それ以降、二重に見えてしまった。その後、右目もふさがり、カットまでしてしまった。ケガした悔しさ、情けなさでいっぱい。田口選手はもとより、ファンの皆様に申し訳ない。すいませんでした」とまるで敗者のように肩を落とした。畑中清詞会長(50)も「未来ある選手。まずは体を治してから、次の展開を考えたい」と神妙な表情。日本人王者同士の統一戦実現へ機運が高まっていた中、思わぬ状況となった。