中邑真輔がWWEのスマックダウンに昇格


元新日本プロレスの中邑真輔(37)が4日(日本時間5日)、念願のWWE1軍昇格を果たした。

 米フロリダ州オーランドで開催されたWWEスマックダウン大会で、中邑は入場曲のバイオリンによる生演奏で登場。どよめきと大歓声の中リングに立ち、得意の決めポーズ「イヤァオ!」で、初登場のあいさつをした。同大会はテレビで生放送され、中邑のスマックダウン入りが世界にお披露目された。

 試合終了後には、中邑の登場につっかかってきた元世界ヘビー級王者ドルフ・ジグラーとの対戦が急きょ組まれた。中邑は、ジグラーを得意の膝蹴り「キンシャサ(ボマイェ)」で下し、早々とスマックダウン初勝利を挙げた。

 中邑は「ソニックブームのような歓声を体に受けたので、それをそのままお客さんにお返ししました。お客さんとコミュニケーションが取れたと感じました。そのくらい気持ちが良かったです。これから世界中にインスピレーションをぶちまける旅に出ようと思っています。(バックステージでは)みんなが『ウェルカム』と言ってくれたのが本当にうれしかったですね。先に(同じくスマックダウンデビューした)タイ・デリンジャーが出たので、自分のことより緊張しました。バイオリニストのリーも来てくれて、最高の2年目の1歩が踏み出せました。」とコメントした。

 中邑は、昨年1月いっぱいで新日本を退団。4月にWWE傘下のNXTでデビュー。以後、NXT王者に2度就くなど、WWEの新たなブランドといわれたNXTの中心選手として活躍してきた。3月31日には、NXT王座への再挑戦に敗れ、スマックダウンかローのWWE1軍昇格が時間の問題といわれていた。かねて中邑が「スマックダウンに昇格してAJスタイルズや、ジョン・シナ、ランディ・オートンと戦いたい」と希望していた通りの昇格となった。



◆4月4日(火)放送のスマックダウンLIVEに登場した中邑真輔、これでWWEメインロースター昇格となりましたが、この日の放送では登場のみで試合もマイクもありませんでした。
そしてスマックダウンLIVE終了後はいつものように205LIVEの収録。そして205LIVE終了後には会場のお客さん向けのダークメインイベントが行われました。

実は中邑がスマックダウンLIVEに登場してCMになった時、会場にはドルフ・ジグラーが登場して中邑に対し、レッスルマニアのお客さんの前でデビューは丁度良いかもしれないが、他の場所ではお前の事なんか誰もしらないんだからと悪態をついた後、中邑に対戦を要求していたのだそうです。そして2人の対戦は205LIVE後のダークメインイベントで行われる事となりました。(※ジグラーは今ヒールをしているので口が悪い)

▼中邑真輔vs.ドルフ・ジグラー
試合はジグラーのスーパーキックを避けた中邑がリバースパワースラムを決め、そしてキンシャサで勝利。そしてこの日2度目のRising Sunの合唱からイヤァオで大会を締めました。