亀田興毅 | 復帰戦の相手はポンサクレック


ボクシング元3階級制覇王者の亀田興毅氏(31)が、5月に引退当時のバンタム級(上限53・5キロ)で1試合限定で現役復帰して行う予定の引退試合の対戦相手が、10年3月のWBC世界フライ級王座統一戦で初黒星を喫した元王者ポンサクレック・ウォンジョンカム氏(40=タイ)に決まった。同日、AbemaTVで放送された「ラスト亀田興毅~最後の現役復帰~」(土曜午後11時)で発表された。


亀田氏は3月上旬、復帰戦でボクシング経験者と戦うこと、日本ボクシングコミッション(JBC)にボクサーライセンスを再申請し、公式試合として行う考えを明かしていた。対戦相手の候補者数名と交渉段階だとした上で「ボクシングをやってきて怖いと思ったことは1回もないですけど、多少の怖さがありますね」と語った。その引退試合は、プロ23戦目で初黒星を喫した因縁の相手との、8年越しの再戦となった。
ポンサクレック氏は、強打を織り交ぜた激しい連打とスタミナを前面に押し出したファイターで、01年にマルコム・ツニャカオ(フィリピン)に初回TKO勝ちしてWBC王座を獲得。02年には内藤大助氏に、世界フライ級史上最短記録の初回34秒でKO勝ちするなど、同級史上最多17度の防衛に成功。07年7月に内藤氏に判定負けし陥落すると、翌08年に指名挑戦者として挑戦したが引き分けた。
09年には暫定王者となり、正規王者の亀田氏との統一戦に勝利した。その王座は6度、防衛したが、12年3月2日にソニー・ボーイ・ハロ(フィリピン)に6回KO負けして陥落。12年に1度引退、再起したが、14年11月に引退し、トレーナーをしていたという。現在、ライセンスの申請に向け調整中で、再戦を前にトレーニングを始めたという。


■亀田興毅氏の対戦相手、ポンサクレックの資格交付せず
日本ボクシングコミッション(JBC)は4日、元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏が5月5日に行う1試合限定の現役復帰戦の相手として発表した元世界王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)の出場資格を認めない方針を示した。4月4日付で亀田興氏へのボクサーライセンス再交付は認めた。
日本ボクシングコミッション(JBC)は4日、5月5日に東京・後楽園ホールで現役復帰戦に臨む元世界3階級制覇王者亀田興毅(31=協栄)の対戦相手、元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム氏(40=タイ)の選手ライセンスを規定に基づき、再交付しない方針を示した。亀田興のライセンス再交付は同日に承認した。現時点で同興行の亀田興-ポンサクレック戦はエキシビションマッチとなるという。
まだジム側からポンサクレック氏のライセンス再交付の申請が届いていないものの、興行の対戦カードの連絡が入った段階で、JBCは再交付できない意向をジム側に通達したという。既にポンサクレック氏が14年11月に引退しており、年齢制限規定となる37歳を超え、かつ最終試合から3年以上経過していることから「ルール上、ライセンス再交付は認められない状況です」と説明した。


■亀田興毅が現役復帰する理由
亀田興毅が現役復帰する理由はなぜ?
亀田興毅さんが現役復帰を発表されたのは、弟の大毅さんがボクシングの企画をした時でした。
亀田興毅さんは現役復帰する理由としてやらなければいけない試合があると仰っていますね。
このやらなければいけない試合というのが凄く注目を集めています。
亀田興毅さんはこの発言について深くコメントはされていませんが、対戦相手はもう考えているのでしょうね。
以前アメーバtvの企画で、亀田興毅さんは、様々な素人のボクサーと闘いましたが、その時にボクシングが再びやりたい気持ちになったのかもしれませんね。


■亀田興毅の実力について
亀田興毅さんは、日本人で史上初の三階級制覇ですが、実力については疑問視する声が多いようです。
なぜならば消極的なマッチメークが多かったからです。
亀田興毅選手は日本人選手と戦うことはほとんど無く、外国人選手との試合が多いです。
その時に「日本レベルは興味が無い。」と仰っていましたが、対戦するのは強豪の外国人選手では無く、無名の選手が多かったため、「亀田は日本人から逃げている」と言われていました。
私の個人的な考えでは強い世界ランカー程度の実力だと思います。
間違い無く他の三階級制覇のチャンピオンと並ぶような実力は無いと思います。
ただ、内藤大助さんに勝ったりはしていたので強い選手であることは間違い無いと思います。
ビックマウスを演じて他の選手を否定していたのに、マッチメークが消極的だったので、多くのボクシングファンから批判を浴びていましたね。
亀田興毅さんの試合相手について確定的なことは分かりませんが、強い相手と闘って欲しいですね。


■亀田興毅復帰の理由が明らかに
MCである辻よしなりさんが、亀田興毅さんに対して以下のような質問を投げます。

辻:「なんで現役復帰ということを考えるに至ったんですか?」

それに対し、亀田興毅さんはというと

亀:「ん~なんで?ん~~~でもなんていうんですかね。」

とかなり回答に苦しむというか困ったような態度をとります。

その後、2017年のAbemaTVの企画であった「亀田興毅に勝ったら1000万」ということがきっかけであることを告げます。

亀田興毅さんは、引退試合では日本でリングに立つことが出来なかった、それが非常に心残りであったと言います。

それがプロのリングではないにしろ、日本で最後にリングに立てて非常に感謝しているそうです。

そして、以下のような発言。



亀:「引退したこと自体は、正直なんの公開もないんです。ボクシング人生やり切ったなと思っているし。」

復帰は引退したことに対する後悔から来ているわけではないとのことです。

しかし、2018年1月1日に放送された「亀田大毅に勝ったら1000万」を見ている中でこう感じたそうです。

亀:「大毅は網膜剥離で引退しているんで、もう一回やりたいといってもできない。そんな状態で先日の試合を見た。それを見て、叶うのであればもう1回日本でプロのリングに立って戦いたい。自分のラストを飾りたい。」

というような発言をします。

亀:「自分の入場局であるバーニングハートをファンの皆さんに聞かせ、10カウントで終わらせたい。」


■整理すると
インタビューを見ていた感触として、やはり日本で最後を飾れなかったということが大きく心残りにあるようですね。

その状態での2017年にあった自身のリング、そして先日の弟の晴れ舞台。

こういったところからファイターとしても気持ちが沸々と沸き起こり、抑えきれなくなったということなんでしょう。

但し、今回のインタビューの中で、

亀:「王者になろうというつもりはない」

とはっきりと言っております。

そんな甘い世界ではないし、現役で戦っているファイター達に失礼だと、そういうことだそうです。

“日本のリングでラストを飾る”。

これが今回の目的・理由のようです