井上尚弥 VS アントニオ・ニエベス



■井上尚弥「ボクシング人生の分岐点に」
ボクシングのWBO世界スーパーフライ王者井上尚弥(24=大橋)が8日(日本時間9日)、9日(同10日)に米カリフォルニア州カーソンで行われる同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)との6度目の防衛戦の前日計量に臨み、リミットの52・1キロでパスした。

試合会場のスタブハブ・センターで行われた計量はファンにも公開され、米国デビュー戦となる井上にも大きな声援が飛んだ。51・6キロでクリアしたニエベスとがっちり握手を交わすと、「ふつふつと闘志がわいてきた。ボクシング人生の分岐点になる試合だと思っている。初回からフルでいく」と意気込みを語った。

メインのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチは挑戦者の元世界4階級王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)が52・0キロ、初防衛を目指す王者シーサケット・ソールンビサイ(30=タイ)は52・1キロでパス。両者は今年3月に対戦し、シーサケットが2-0の判定で勝利し、ゴンサレスにプロ初黒星を付けた。


■井上尚弥の米国挑戦「ベストタイミング」
WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、9日(同10日)の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)との6度目の防衛戦に向け、ロサンゼルス近郊のジムで練習を公開した。注目の米デビュー戦を前に、同じアジアから世界の舞台に駆け上がった元5階級制覇王者ノニト・ドネア(34=フィリピン)もエールを送った。

イノウエは本場で飛躍できるか-。アジア人初の5階級王者ドネアは、井上の米国挑戦を「ベストタイミング」とみる。「昔と違い、米国は重量級だけではない。軽量級でもトップになれる。テレビなら、大きい選手も小さい選手も変わらない。一発当たれば倒れる大味な試合より、速さ、手数が多い軽量級の方が、視聴者も楽しい。今度も最大手HBOが中継するね」。当人は2番目に軽いフライ級で07年に世界王者となり、7年間でフェザー級まで制覇。「注目度は次第に大きくなった」と振り返る。

14年末には井上を指導し、実力は分かっている。「パッキャオと比べられるだろう。米国のファンもエキサイティングな試合を見れば、同じ部類に入る選手だと分かる」と期待は最高級だ。「KOを狙うと重圧になる。狙わなくてもスピード、パワーがあれば倒せる」と心得を説いた。


■井上尚弥がニエベスと対面「気は抜けない」
米国デビュー戦を控えるWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が7日(同8日)、米カリフォルニア州カーソン市内のホテルで公式会見に臨んだ。

リラックスした様子で中央のマイクの前に立つと「米国のファンの前で試合できることに興奮している。また米国で試合ができるように、ベストを尽くして頑張りたい」と日本語であいさつ。6度目の防衛をかけて対戦する同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)とも対面し、「調子が良さそうだし、気は抜けない。挑戦者の気持ちは強いと思うので、それに負けないように、しっかりコンディションを作りたい」と集中力を高めた。

同じ興行のメインでは元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)が今年3月に判定で敗れたWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(30=タイ)と再戦する。


■井上尚弥 海外メディアの質問攻めに強気の切り返し
WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、9日(同10日)の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)との6度目の防衛戦に向け、ロサンゼルス近郊のジムで練習を公開した。海外メディアから質問攻めにあうと、高まる期待にKO宣言で応えた。

本場米国でも、井上への期待は桁違いだった。3日のロサンゼルス入り後、初めて報道陣の前に姿を見せるとあり、中継局の米ケーブル大手HBOなど50人以上の海外メディアがジムに殺到。井上が現れたのを確認すると、わずか8戦で2階級制覇を達成した日本の宝を瞬く間に取り囲み、矢継ぎ早に質問を浴びせた。

「『怪物』というニックネームの由来は」「なぜその小さな体にそんなにパワーがあるのか」。1つ1つ丁寧に答えていた井上だったが、表情が変わったのは最後の最後。「子供みたいな見た目で、卵もつぶせないような感じに見えるが?」。そう振られると、苦笑いを浮かべながら「卵? じゃあ、つぶしてやりますよ」と強気に切り返した。

13戦全勝(11KO)。圧倒的な内容の試合を連発し、満を持して迎えた米デビュー戦。本場の関係者は、初めて見るスター候補に期待を抱きながらも、同時に“モンスター”の名がふさわしいかの「テスト」の目も光らせている。井上自身も「また見たいと思わせられるかどうか」とこの一戦の持つ意味を理解し、「インパクトを残して、KOしたい」と未来をこじ開ける豪快決着を予告した。

減量もリミットまで残り1キロを切り、練習はこの日で打ち上げた。慣れない環境にも、いつも通り万全の仕上がりを強調。10分程度シャドーボクシングを披露すると、足早に会場を去り、その後はホテルで体を休めた。準備を整え、静かにゴングの時を待つ。


■井上尚弥「度肝抜く試合を」
世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が9日に米カリフォルニア州カーソンで6度目の防衛戦に臨み、同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)と闘う。7日は試合会場近くで公式記者会見に出席し「人生を懸ける。ファンの度肝を抜くような試合をしたい」と威勢良く抱負を語った。

24歳の井上は13戦全勝(11KO)で、米国での試合は初めて。チャンピオンベルトを日本に忘れてきたそうだが、この日の会見には間に合い「(届いたのは)数時間前。無事に届いて良かった」と苦笑しつつ説明した。

所属ジムの大橋秀行会長は「日本では怪物なんて言われているが、米国でもモンスターと言われるようにしたい」と自信をにじませた。


■「怪物」井上尚弥が9日防衛戦
「怪物」が米国に乗り込む。ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が3日、米国デビュー戦へ向けて渡米した。米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで9日(日本時間10日)、同級7位アントニオ・ニエベス(米国)との6度目の防衛戦が待つ。

プロでは初の海外での試合。試合1週間前になるが、通常より1キロほど少ない「リミットまで残り1・7、8キロ」で米国へ渡る。湿度が低く汗をかきにくい現地に、しっかりと「米国仕様」に日本で仕上げてきた。アマチュア時代には高校3年間で6カ国ほどで試合経験もあり、「飛行機にのってどれくらい(体重が)落ちるのかも分かっている」と不安はない。「時差ぼけも気持ちで直しますよ」と声を弾ませた。

新たなスター候補として米国でも活躍が期待される。求められるのは当然、圧勝、KO勝ち。それは当人も百も承知。「ファンの方も倒すところを見たいと思う。ボクシングは一瞬の勝負。逃したら、どうなるか分からない。長引かせるつもりはない」。仕留められる好機と踏んだら、一気に追い込む。