井上尚弥 | 「王者だらけトーナメント」へ


ボクシング界の「モンスター」井上尚弥(25=大橋)が3階級制覇をした場合、最強選手を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に出場する意思を表明した。

 25日に東京・大田区総合体育館でWBA正規王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)に挑戦する井上は16日、横浜市の大橋ジムで練習を公開。主催者側から参戦オファーが届いているWBSS参戦について「勝てば出る気でいます。オファーがきているので出ないわけにはいかない。出るって書いてください」と明言。加えて「25日だけに集中しているとも書いてください」と付け加えた。

 バンタム級WBSSの開催は今月9日、英ロンドンで発表された。WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の3王者の出場が決定済み。8選手によるトーナメント形式で行われ、勝ちあがれば自動的に団体統一戦となる。

 井上は「出ることに意味があるし、ボクシング人生のレベルアップの1つと考えている。他の日本人の世界王者とは違うステージに行きたいと思っているので。この階級に上げて正解だと思います」と思いをはせた。

 それも、すべて25日に王者マクドネルを倒すことが大前提となる。「3階級制覇という区切りの一戦になるのでKOで決めたい。歴史に名を刻むような試合がしたいと思います」と表情を引き締めた。

 WBSSは昨秋からスーパーミドル級とライトヘビー級の2階級で初開催されたトーナメント。2階級とも8選手が出場し、現在は決勝進出選手が決まっている。ファイトマネーが高額な中・重量級ということもあり、賞金総額5000万ドル(約55億円)、優勝賞金1000万ドル(約11億円)に設定されていた。