井上尚弥 対 アントニオ・ニエベス


■米マスコミも期待大「ゴロフキンと同じ」
WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が7日(日本時間8日)、9日(同10日)の6度目の防衛戦に向け、市内のホテルで行われた公式会見に臨み、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)と対面。本場でのアピールに自信をみせた。
「イノウエ」の米国上陸を目の肥えた現地取材陣はどう見るか。「ゴロフキンが米デビューした12年の状況と同じだ」と、現ミドル級3団体統一王者の名前を挙げたのは、米国で最も権威ある専門誌「リングマガジン」のテレビで解説を務める、スティーブ・キム氏。ウクライナの英雄は欧州で衝撃のKO劇を続け、大きな期待とともに渡米し、現在はボクシング界の顔役となった。同氏は「英語をしゃべれない人でも、観客を楽しませられる。ボクシングが言語だ」と、なぞらえる。
アマ時代から井上に注目してきたのは著名コラムニストのデビット・アビラ氏。取材歴30年以上の眼力は、「たくさんのウエポン(武器)がある。スピード豊かで米国のファンを驚かすだろう」と評する。
キム氏は、先も見据える。「他の日本人と違い、若くして米国に来た。人気を作る時間が十分にある」。近年米国で戦った日本人王者、西岡、三浦は30代を超えていた。井上はまだ24歳と若さも好材料とした。


■井上尚弥が日本式「勝利の儀式」
WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が、日本式「勝利の儀式」で米国デビュー戦へスイッチを入れた。9日(同10日)の6度目の防衛戦に向け、市内のホテルで行われた公式会見に臨み、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)と対面。本場でのアピールに自信をみせた。
正午からの会見が始まる2時間前。井上の元に神奈川・座間市内の自宅に忘れてきたチャンピオンベルトが届けられた。日本を出発した3日、成田空港で荷物の最終チェックをしている時に、ベルトがないことが発覚。後から合流する関係者に持って来てもらい、どうにか米デビュー戦での失態は回避した。
常習犯で知られる王者は、ほっと胸をなで下ろす陣営をよそに「ついつい」とけろり。200人近い報道陣、関係者が詰めかけた会見でも堂々とあいさつし、強心臓ぶりを見せつけた。「そのベルトを米国に置いて帰ってもらう」と挑発してきたニエベスとは20秒間のにらみ合いを展開。「相手も調子が良さそう。スイッチが入った」と、一気に戦闘モードに切り替わった。
14戦目で迎えた米初陣も、これまで通りの調整を貫く。会見後にはスーパーマーケットを訪れ、いつもと同じように計量後に備えて大量の食材を購入。「減量中の一番の楽しみ」と、ペットボトル飲料を30本以上、餅、うどん、肉などを次々とカートに詰め込んだ。また、日本で髪を切ってもらっている知人の美容師が、応援のためこの日到着。試合前恒例のカットをしてもらい、「お披露目」に向けた身だしなみも整えた。
プロ8戦目で2階級制覇を達成した日本の才能には本場の関係者も熱視線を送る。興行を主催するK2プロモーションを率いるトム・ロフラー氏は「みんながイノウエの試合を見るのを楽しみに待っていた。ゴロフキンやタイソンのようなKOボクサーで、これからレジェンドになりうる存在だ」と期待を込めた。
真価が問われる舞台。ゴングが迫り、騒がしさを増す周囲に対し、「ファンの度肝を抜くような試合をしたい」と井上。一発回答で期待に応えてみせる。


■ニエベス「自分も勝利に飢えている」
WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が7日(日本時間8日)、9日(同10日)の6度目の防衛戦に向け、市内のホテルで行われた公式会見に臨み、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30=米国)と対面。本場でのアピールに自信をみせた。
井上に挑むニエベスの話 井上は素晴らしい選手だが自分もこの大きなチャンスでの勝利に飢えている。