全日本マスター柔術選手権 | 内柴正人が優勝


男子柔道66キロ級で04年のアテネ五輪、08年北京五輪と2連覇を達成し、準強姦(ごうかん)罪で5年の実刑となった内柴正人(39)が25日、東京・墨田区総合体育館で開催の全日本マスター柔術選手権に出場した。
内柴は、マスター2青帯ライト級と、マスター2オープンクラスに出場。7人が参加したマスター2青帯ライト級では、1回戦の神谷幸宏、2回戦の大塚泰史といずれも1本勝ち。決勝では、原田大樹に5分でポイント0-0の際どい判定勝ちで勝ち、優勝を決めた。
昨年11月26日の柔術デビュー戦から続いていた1本勝ちでの連勝は途切れたが、内柴は「柔術なんで気にしていない。ポイントの取り方も習っていないし、たとえ判定で負けていたとしても、できる限りのことをやっていこうと思っていました」と話した。敗れた原田は「圧力が強くて、グリップも普段、切られることはないのに、切られた。アダルトやアジアでやっているけど、内柴さんは断トツに強い」と話していた。