山中慎介 | ルイス・ネリに涙の抗議「ふざけるな」


ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチの前日計量が28日に都内で行われ、同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が体重超過で王座剥奪となった。
リミットは53・5キロ。まずは挑戦者の前王者山中慎介(35=帝拳)は53・3キロの200グラムアンダーで一発パスした。ネリは必死に伸び上がって計量台に乗ったが、55・8キロと2・3キロもオーバーだった。
2時間の猶予を与えられ、約1時間45分後に再計量も54・8キロ。1キロ落としてきたが、まだ1・3キロオーバーのまま。この時点で王座は空位となり、3月1日の両国国技館でのタイトル戦は実施されるが、山中が勝った場合は王座獲得、負けた場合は空位のままとなる。ネリは1日正午に58キロをリミットに当日計量を課せられた。
ネリは再計量を終えるとグイグイと水分をとった後は、しばらくぐったりと机に突っ伏した。この約2時間の間に縄跳びなどで汗をかいたという。陣営は今回初めて栄養士を採用して、食事や体重の管理を任せ、日本にも同行させてきた。朝8時に起きた時は3キロオーバーで、計量までもランニングなどで減量した。
マルコ・アントニオ・ペレス氏(56)は「水断ちでダメージを与えない減量。経験から3キロなら落ちると思った。今回はネリの体が応えず、経験が生きなかった。私の責任。山中さんには申し訳ない」と話した。
山中は計量時には「ふざけるな」と吐き捨てるように言うと、悔し涙を流し、手で口を押さえながら控室へ戻った。それから落ち着いたところで食事に向かった。ネリの再計量後、電話での代表取材に応じ「信じられない。体を作ってほしかった。悔しかった。試合に気持ちを整えていく」とコメントした。
昨年8月に4回TKO負けを喫し、日本タイ記録の13度目の防衛を阻止された。試合後にはドーピングで陽性の騒動も起きたが、ネリに雪辱だけを考えて現役を続行してきた。そして迎えた世界戦だったが、またもネリの失態に振り回されてしまった。

■山中は涙 | 王者ネリ再計量で1キロ超え王座剥奪
ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチの前日計量が28日に都内で行われ、同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)がまさかの1・3キロオーバーで失格、王座剥奪となった。
リミットは53・5キロ。挑戦者の前王者山中慎介(35=帝拳)は53・3キロと200グラムアンダーで一発パスした。その前にはかりに乗ったネリは必死に伸び上がって計量台に乗ったが、55・8キロと2・3キロもオーバー。2時間の猶予を与えられての再計量でも54・8キロで1・3キロオーバー。王座は剥奪され、空位となったが、ネリには当日午後0時に58・06キロがリミットの当日計量が設けられ、3月1日の試合は行われる。山中が勝てば王座奪取となる。
山中は涙をため、手で口を押さえながら控室に戻り、水分などを補給した後に昼食に向かった。ネリの失格を聞くと、「両方万全のコンディションでやりたかった。それでも試合はくるので、気持ちを整えて頑張りたい」とコメントした。
昨年8月に4回TKO負けで、日本タイ記録の13度目の防衛を阻止された。ネリに雪辱だけを考えて現役を続行し、この日を迎えたが、思いもよらぬ事態に襲われた。

■ルイス・ネリが体重超過 王座はく奪
ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ(3月1日、東京・両国国技館)の前日計量が28日、行われ、王者のルイス・ネリ(23=メキシコ)がリミットを2・3キロオーバーする55・8キロで再計量となった。
前王者の山中慎介(35=帝拳)はリミットを200グラム下回る53・3キロで一発パスした。
ネリには再計量まで2時間の猶予が与えられるが、クリアできなければ王者はく奪となる。

■ネリ、再計量も1・3キロオーバー
ボクシングのダブル世界戦(3月1日、東京・両国国技館)の前日計量が28日、東京・九段のホテルグランドパレスで行われ、WBC世界バンタム級タイトルマッチは王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)が1回目の計量で55・8キロとリミット(53・5キロ)を2・3キロもオーバー。1時間45分後の再計量でも54・8キロと1・3キロオーバーし、王座剥奪が決まった。
挑戦者の前王者・山中慎介(35=帝拳)はリミットを200グラム下回る53・3キロで一発パス。試合は予定どおり行われるが、山中が勝てば新王者、それ以外の場合は王座は空位の変則タイトルマッチで行われる。
IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチは王者・岩佐亮佑(28=セレス)がリミットを100グラム下回る55・2キロ、挑戦者エルネスト・サウロン(28=フィリピン)が300グラム軽い55・0キロで、ともに一発パスした。