平愛梨が第1子出産 | 長友佑都「この感動は一生忘れない」


女優の平愛梨(33)が、第1子を出産した。夫で日本代表DF長友佑都選手(31)が5日、自身のインスタグラムやツイッターを通じて報告した。性別については明らかにしていないが「この感動は一生忘れないでしょう」と喜びをつづった。

長友選手は、赤ちゃんを抱く写真を掲載し、平が無事出産したことを報告。「この感動は一生忘れないでしょう。頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。ありがとう」と記し「これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち進んでいきたいと思います。長友佑都、愛梨」と結んだ。
1月31日にイタリア・セリエAのインテル・ミラノからトルコ1部ガラタサライへの期限付き移籍が決まった長友選手。平は1日に更新したブログで、夫の移籍についての心境をつづるとともに「私は私で出産に向けて強く頑張ります! たくさんのメッセージありがとうございます」と決意を新たにしていた。
2人は2016年6月に交際中であることを明かし、12月24日に都内で会見を行い婚約を発表。17年1月29日に結婚し、同年9月に第1子妊娠を報告している。