日馬富士の暴行 | 重傷じゃなかった貴ノ岩


横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が、同じモンゴル出身で平幕の貴ノ岩(27=貴乃花)に起こした暴行問題で、頭部などを負傷した貴ノ岩の診断内容が重傷ではないことを17日、診断した医師が明かした。日本相撲協会の危機管理委員会が調査したもので「重傷であるように報道されていることに驚いている」とのコメントを出した。
診断書を作成した医師が思わぬ重傷報道に、くぎを刺した格好だ。九州場所6日目の打ち出し後、日本相撲協会の春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が1枚のリリースを報道陣に配布した上で説明した。
九州場所2日目の13日に公表された、貴ノ岩の診断書について危機管理委員会がこの日までに、診断書を作成した医師に診断根拠などを確認。まず、診断書の病名4にある「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」の解釈の違いを指摘。頭蓋底骨折が確定診断のように受け止められたが「疑い」は「頭蓋底骨折」と「髄液漏」の双方にかかるという。
また疑いと診断した、その頭蓋骨骨折は過去に生じた可能性もあり、今回の傷害との因果関係が分からないため「念のため」に出した診断だった。髄液漏れについても、実際に漏れた事実はなく今後、生じる可能性は極めてまれという。
診断書にあるように受傷は10月26日で、同病院には今月5日から9日まで入院。「全治2週間程度」「その間に状態が安定すれば仕事復帰可能」としている。その点についても今回の調査で病院側は、2週間という期間は受傷時からのもの(8日まで)で、相撲を取ることを含め仕事に支障がないと判断し9日には退院したという。
リリースの最後は「重傷であるように報道されていることに驚いている」の言葉で締めくくられている。現状で貴ノ岩は相撲を取れるとも解釈でき、場所中も2日目までは朝の稽古場に姿を見せていたという証言もある。全休すれば十両に陥落するが、頭と頭がぶつかり合う相撲で大事を取っての休場判断、となれば口を差し挟むものでもない。貴乃花親方(元横綱)は2日目に「診断書に書いてある通り。あのままで、それ以上はない」と話し、多くは語らなかった。いずれにせよ提出された診断書を再度、詳細確認すること自体が暴行問題の大きさを物語っている。そして診断書公表遅れを含め、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方の一刻も早い説明が待たれるところだ。

■病院は重傷報道に驚き
日本相撲協会の危機管理委員会は17日夕方、横綱日馬富士の平幕の貴ノ岩への暴行問題について、貴ノ岩の診断書を作成した医師に診断根拠などを詳細に確認した結果、髄液漏れとともに右中頭蓋底骨折も「疑い」であると発表した。
また全治2週間の診断は、暴行が発生した10月26日から11月8日までを意味しており、貴ノ岩は同9日時点で状態は安定し、相撲をとることを含め仕事に支障がないので退院としたとも発表。貴ノ岩は同12日の九州場所初日から休場しているが、危機管理委員会は「貴ノ岩の病状に現状は問題がないという認識である。当病院としても、重傷であるように報道されていることに驚いている」と、貴ノ岩が初日の段階で、相撲を取れる状況だったと指摘した。
危機管理委員会の書面によると、右中頭蓋底骨折については、患部をCTスキャンしたところ、骨折線とも考えられる線が確認された。ただ、もともと存在する縫合線である可能性が高く、過去の衝撃等が原因で生じた骨折線の可能性もあり、日馬富士の暴行との因果関係も分からないものの、念のため右中頭蓋底骨折の疑いとしたという。
また髄液漏れについては、右の空洞部分の一部に水がたまっている所見があり、単に右外耳炎による炎症が原因のものとも考えられたが、右中頭蓋底骨折による髄液漏れの可能性も全くないとは言い切れないため、髄液漏れの疑いとした。ただ、実際に髄液が漏れたという事実はないという。
その上で、受傷から日数が経過したことを考えれば、髄液漏れが今後生じる可能性、つまり右中頭蓋底骨折が生じていた可能性は「極めてまれである」とした。

■貴ノ岩のケガ「相撲に支障ない」
大相撲の横綱日馬富士関(33)(伊勢ヶ浜部屋)が10月、幕内の貴ノ岩関(27)(貴乃花部屋)に暴行した問題は17日、警察による現役横綱の事情聴取という事態に発展した。
一方、頭部骨折などの重傷を負ったとされた貴ノ岩関について、診断した病院が「相撲を取ることに支障がない」との認識を示していたことも日本相撲協会危機管理委員会の調査で分かり、新たな疑問点も浮上した。
危機管理委が11月9日付の診断書を作成した福岡市内の病院に聞き取り調査をしたところ、同病院は、頭部骨折についてはCT(コンピューター断層撮影装置)検査の結果、「もともと存在している縫合線である可能性が高く、過去の衝撃等が原因で生じた骨折線の可能性もあるので、今回の傷害との因果関係も分からない」と判断。

■日馬富士、暴行認める
横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は17日、東京・墨田区の両国国技館で鳥取県警から任意で事情聴取を受け、貴ノ岩(27=貴乃花)への暴行を認めた。聴取は約8時間に及び、車で国技館を出る際にはカメラマンに囲まれて立ち往生する場面もあった。県警は暴行内容や経緯を解明し、傷害容疑での立件の可否を検討する。
暴行を巡っては、一部の出席者が「ビール瓶で殴っていた」と証言する一方、同席した白鵬が「ビール瓶では殴っておりません」と否定し、証言が食い違っている。県警は、既に現場となった飲食店などの関係者の聴取も始めており、生活態度を注意した際に貴ノ岩がスマートフォンを操作したことに激怒したとされる動機を含め、事実関係の解明を進める。
一方、八角理事長(元横綱北勝海)は打ち出し後、迎えの車へと足早に向かった。「県警から報告はあったのか」などの質問に対し、無言を貫いた。本場所中の理事長は横綱、大関ら上位陣の取組を報道陣と一緒にテレビを見ながら論評しているが、17日からは中止が決定。春日野広報部長は「こういう状況なので対応できない。時間も割けない」と説明した。

■貴乃花親方「そう、そう、そう」
横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が、同じモンゴル出身で平幕の貴ノ岩(27=貴乃花)に起こした暴行問題で、頭部などを負傷した貴ノ岩の診断内容が重傷ではないことを17日、診断した医師が明かした。日本相撲協会の危機管理委員会が調査したもので「重傷であるように報道されていることに驚いている」とのコメントを出した。
貴乃花親方は、結びの一番の1つ前の稀勢の里-栃煌山戦を福岡国際センター内2階にある巡業部室のテレビで見届けた後、会場を後にした。駐車場に止めた車に乗り込む際、報道陣の「警察に委ねた以上は(警察の捜査に)任せるだけか」という問いに「そう、そう、そう」と小声で答えた。捜査の状況を見守り、無用な発言は控える姿勢を貫きそうだ。

■貴乃花親方が協会の聴取に激怒
日を追うごとに新証言が飛び出し、もつれた糸がさらに複雑に絡み合ってきた日馬富士のビール瓶殴打事件。

 16日は、事件が起きた飲み会に同席していた白鵬が重い口を開き、「(日馬富士が)手を出したのは事実。ビール瓶は持ったけど、滑り落ちた。そこに私が入って止めた」と話した。

 しかし、同席していた力士に話を聞いた元小結の旭鷲山、さらに暴行を受けた貴ノ岩の兄らはメディアの取材に対し、「ビール瓶のほか、素手で30発殴られた」「灰皿やマイクも使われた」と主張するなど、互いの証言がことごとく食い違っている。一体、何が真実で、誰がウソをついているのか。

 そんな中、ひとつだけ明らかなことがある。貴乃花親方(45=元横綱)のウソがそれだ。

 日馬富士による暴行事件があったのは先月26日。その3日後の29日、貴乃花親方は警察に被害届を提出している。ところが、相撲協会が事件について知ったのは警察から連絡のあった今月2日だ。寝耳に水の協会は翌3日、殴った日馬富士と殴られた貴ノ岩、日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(57=元横綱旭富士)と貴乃花親方に電話をし、ヒアリングを行っている。

 ここで貴乃花親方は貴ノ岩のケガについてこう言った。

「階段で転んだだけ」

 警察に被害届を出しながら、重ねて聞く協会に「よく分からない」と、その後はしらばっくれたという貴乃花親方はしかし、この段階で「加害者」がいたことを把握している。つまり、それを協会に報告もせず、揚げ句、ウソまでついているのだ。親方は巡業部長の要職でもあり、巡業中のトラブルに関しては協会に伝える義務があるにもかかわらず、である。

■理事長選のライバルを蹴落す狙い
事件後、伊勢ケ浜親方が貴乃花親方に謝罪したことも明らかになっている。この時点で事件を“隠蔽”しようとしていたのは貴乃花親方ではないか、という疑惑が深まっているのだ。
しかしなぜか、11月場所開幕直後に貴乃花親方が評論家を務めるスポーツニッポンの“スクープ”で事件が発覚。協会は3日目の14日に再び両親方に事情聴取を行った。ある親方が言う。
「協会側は貴乃花親方の前回の証言と報道された内容が全く異なることを指摘。『転んだだけで被害届を出すのはおかしい。詳細を知っていたなら、なんで報告しなかったのか』と問い詰めた。すると貴乃花親方は突如、逆ギレし、『そんなの……誰かに突き飛ばされて階段から落ちたかもしれないじゃないか!』と怒鳴り返したそうです。どう考えても、貴乃花親方の反論は全く筋が通っていない。『自分も報道を知るまで詳細は知らなかった』と主張したいがための、苦し紛れの言い訳にすぎないと吐き捨てる親方もいます。いずれにしろ、貴乃花親方の奇々怪々の言動に、協会は困惑することしきりです」
一連の怪行動は来年3月に行われる相撲協会の理事選、理事長選と密接に絡んでいるといわれている。貴乃花一派にとって、伊勢ケ浜親方は選挙のライバル。弟子の不祥事をきっかけに、蹴落とそうとしている、と角界ではもっぱらだ。
それはつまり、貴乃花親方が今なお理事長のイスを狙っていることを意味している。昨年の理事長選の際は「これが最初で最後の勝負」と明言していた貴乃花親方。それも結局、「ウソ」ということになりそうだ。

■日馬富士、事情聴取後に警備員の怒号
横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が17日、東京・両国国技館で、平幕の貴ノ岩への暴行問題について、鳥取県警から事情聴取を受けた。
午後9時16分に約8時間に及ぶ事情聴取を終えた日馬富士は車に乗り込むと、約50人の報道陣に待ち構えられた。両国国技館から出ようにも、カメラマンに囲まれて立ち往生。車に乗り込み、公道に出るまでの約50メートルの距離を移動するのに、10分も要した。その間、無数のフラッシュを浴びた日馬富士は、運転手の後ろの席で表情を変えることなく座っていた。
車を四方八方から囲んだ報道陣約50人に対して、警備員は3人だけで、「危ないだろ!」「もう十分撮らせただろ!」などと怒号が飛び交った。日馬富士が乗った車が公道に出てようやく走りだすと、報道陣が用意した追跡用のバイク約20台が一斉に追いかけた。

■日馬富士暴行事件の裏に白鵬“黒幕説”
真相が明らかになるどころか、日を追うごとにグチャグチャになってきた。大相撲・横綱日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件。当初は日馬富士がビール瓶などで一方的に貴ノ岩をぶん殴っていたと報じられていたが、現場に居合わせた横綱・白鵬がマスコミに対して「ビール瓶では殴ってはおりません」と報道を否定するコメントを出したのだ。こうなると、もはや何が真実なのか、誰が何のために「嘘」を言っているのか分からない。
16日の取組で、全敗中の格下・栃煌山に対して時間前に立つなど終始落ち着きがなかった白鵬。同じモンゴル出身の力士が「廃業」のピンチに立たされているとはいえ、あきらかに不自然な動きだった。こうした動きを見た相撲担当のスポーツ紙記者の間でささやかれているのは「白鵬黒幕」説だ。

■今年の初場所14日目の取組が原因か
スポーツ紙記者が「原因」とみているのが今年の初場所。1月24日の「白鵬VS貴ノ岩」の取組だ。11勝2敗の白鵬が負けると、13勝1敗だった大関・稀勢の里の初優勝が決まる大一番で、結果は左肩を突き出してぶつかった貴ノ岩が右四つを取ると一気に寄り切り。わずか10秒ほどで勝った。たくさんの座布団が飛び交う中、テレビに映った白鵬の表情は同じモンゴル人力士に優勝を阻まれた悔しさが漂っていた。
「モンゴル人力士同士の対戦では、相手の置かれた状況を多少は考えるものです。当然、白鵬もそれを期待していたフシがある。ところが、この取組の貴ノ岩は容赦なく、全力で突っ込んできたため、横綱は面食らったと思いますよ。明らかに意表を突かれたような負け方でしたね」
貴ノ岩の師匠で、元横綱の貴乃花親方は現役時代、八百長ナシのガチンコ勝負で鳴らした力士として知られる。今もその方針を徹底。親方に忠実な貴ノ岩は“同郷のよしみ”など関係ないのだろう。実際、入門から先場所までの全モンゴル人力士との対戦成績は52勝60敗とほぼ五分五分。“鉄の団結”を築いてきたモンゴル人力士にとっては、貴ノ岩が疎ましがられていたことは容易に想像がつく。
「少なくとも白鵬は面白くないと思っていたでしょうね。1月場所で稀勢の里が優勝した結果、14年間途絶えていた日本出身横綱の誕生を許したわけですから」
日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は現役時代、週刊誌などで「八百長力士」として名指しされていた人物だ。きのう(16日)はモンゴル人力士の照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)が休場届を提出したが、酒席の貴ノ岩のガチンコ勝負のウラに何が隠れているのか。