最強のローマン・ゴンサレスが衝撃のKO負け | ローマン・ゴンサレス VS シーサケット・ソールンビサイ


4階級制覇王者にして前WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア)が衝撃のKO負けを喫した。


3月にベルトを奪われた王者シーサケット・ソールンビサイ(30=タイ)とダイレクトリマッチに臨んだが、4回に2度のダウンを奪われて、レフェリーが試合を止めた。KO負けは48戦目で初めてだった。


日本の帝拳プロモーション所属の小柄な「ロマゴン」は、米老舗専門誌「リングマガジン」選定の「パウンド・フォー・パウンド」(全階級通じての最強選手)1位に長く君臨してきた。軽量級でも本場でスター選手になれると証明し続けてきた。この日のセミファイナルでWBO世界スーパーフライ級王座の6度目の防衛に成功した井上尚弥(24=大橋)との対決も期待されていたが、2連敗で王座返り咲きを逃した。


■WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
[王者]シーサケット・ルビンサイ(タイ) vs [同級1位]ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)
※ローマン・ゴンザレス(ロマゴン)は元4階級制覇王者です。


シーサケット・ルビンサイ vs ローマン・ゴンザレス(ロマゴン)の速報、結果!WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ
シーサケット・ルビンサイ vs ローマン・ゴンザレス(ロマゴン)の速報、結果をここでお知らせします!


3R 10-9 シーサケット。
ロマゴン、前回より動きにキレがないような。シーサケットのパンチを先に貰ってるし、ヒット数もシーサケットが上じゃないか?


ロマゴン、カウンターでダウン。シーサケット強いね
ロマゴン失神KO。大の字。