村田諒太、大金動く初世界戦!


ボクシングのロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)が異例ずくめで世界に初挑戦する。3日、WBA世界ミドル級王座決定戦で元世界王者の同級1位アッサン・エンダム(33=フランス)と対戦することを発表。5月20日に東京・有明コロシアムでトリプル世界戦として開催され、興行規模は約5億円。日本の五輪メダリストとして初の世界王者、さらにミドル級で13戦目で戴冠すれば、世界最速(主要4団体で暫定王者のぞく)となる。

晴れやかな村田がいた。13年4月、プロ転向を宣言してから丸4年。もう1つの頂点に挑む時が来た。「自分が強いか弱いか、自分で証明するチャンス。楽しみにしています」。都内会見場の金びょうぶの前で、スーツ姿の表情が一段と引き締まる。「サポートしてくれた恩恵をしっかり結果で返したい」。勝負の時がやってきた。

試合の正式決定は前日2日の早朝。先月18日の統一戦で空位となったWBA正規王者戦で、エンダム側と合意に達した。日本人では竹原慎二が巻いたベルトだが、主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)でも同級の日本人王者は竹原1人。世界戦は村田が5人目、挑戦すら難しい。フランス開催も模索する中で日本開催にこぎつけ、帝拳ジムの本田会長は、ファイトマネーなどを含めた興行規模を「約5億円」と明かした。日本では88、92年に行ったヘビー級王者マイク・タイソンの興行に次ぐ。

記録面でも際立つ。ボクシングの日本人五輪メダリストで世界王者はいない。64年東京五輪バンタム級を制した桜井孝雄(故人)は68年に世界タイトルで判定負け。半世紀ぶりに歴史を動かす期待がかかる。当人は「記録はあとからついてくれば」としたが、その枠は日本にとどまらない。

4団体のミドル級王者で13戦目のベルト奪取となれば最速になる(WBAに改称された62年以降)。欧米人の平均体格に近い同級は層が厚く、アジア人の挑戦すらまれだが、試合数も前代未聞となる。ただ、村田は全てKOで勝利した昨年の4試合が大きな手応えとする。「強打と圧力とガードの堅さが武器」と見つめ直したスタイルで結果を残し、早計とは考えない。「集大成というのもある。いいところをぶつけて勝てるかどうか」と期した。

元WBO同級王者エンダムは、昨年12月に1回22秒KOも記録した強打者。6度倒れても判定まで戦いきったタフネスさも持つ強豪。ガードを固めて前に出続け、至近距離からパンチを打ち込めるかが鍵を握る。
勝負まであと1カ月半。
村田 自分という人間が強いと思えるかが大切。この選手に勝てれば、自分は強いと胸を張って言える。
ロンドン五輪でも日本人に不可能とされたミドル級の扉をこじ開けた。5月、プロとして再び-。



◆ミドル級世界王者
層の厚さからキャリア10戦台での世界挑戦ですらわずかしかない。JBC(日本ボクシングコミッション)公認世界王者でみると、主要4団体の最短試合数の王者は、WBAがゴロフキン(19試合)、WBCがテイラー(24試合)、IBFがアブラハム(19試合)、WBOがピログ(17試合)。