村田諒太の世界戦が17.8%の高視聴率!


20日にフジテレビ系で放送され、ミドル級王座決定戦で12年ロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に判定負けしたボクシング世界戦(午後8時13分から71分間)の平均視聴率が17・8%(関東地区)と、高い数字を記録したことが22日、分かった。

試合は4回にダウンを奪うなど優勢とみられた村田が1-2の判定負け。関係者や周囲からは疑問や怒りの声が噴出する一戦となった。
また21日に同局で放送され、WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が5度目の防衛に成功したボクシング世界戦(午後8時11分から43分間)の平均視聴率は9・7%(関東地区)だった。いずれもビデオリサーチ調べ。


◆「村田の勝ち」「ワンサイド」一夜明けても不満の声
WBA(世界ボクシング協会)は20日(日本時間21日)、12年ロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に1-2で判定負けした20日のミドル級王座決定戦について、世界戦を統括する関係部署に「次戦での再戦を求める」との考えを示した。
一夜明けても、関係者からはエンダム-村田戦の判定に対する不満の声が続いた。元WBA世界スーパーフェザー級王者内山は「不可解!?」のタイトルでブログを更新し「村田の勝ちでしょ。よくわからん」とつづった。白井・具志堅ジムの具志堅会長は「ワンサイドだと思った。あれで負けなら、どうやったら勝てるのか」と首をかしげた。IBF(国際ボクシング連盟)世界戦のスーパーバイザー、ベンジャミン・ケールティー氏(オーストラリア)は「判定は不可解」と話した。


◆竹原慎二氏「村田君が勝っていた」
2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)に判定負けし、五輪メダリストでプロの世界王者となる日本初の快挙には届かなかった。
村田は手数が少なかったことが響いた。序盤は前に出ながら圧力をかけ、エンダムにフットワークを使わせない。4回にはカウンターの右ストレートで、鮮やかにダウンを奪った。
その後は右の強打を軸に見せ場をつくるも、やや詰めが甘かった。エンダムは左ジャブを多く放ったことが奏功した。疲労の色は濃かったものの、必死に持ちこたえた。
◆村田の話 この試合を組んでくれた方、ファンのために勝てなかったことが申し訳ない。もっと打つ場面があっても良かった。ダウンを取ったし、手応えはあった。(採点は相手の)ジャブを取ったということ。効いたパンチは一回もなかった。
◆エンダムの話 村田選手よりたくさんのラウンドを取っている自信があった。ダウンを奪われても、ジャブを使いながら距離を取って自分のリズムで闘えたのが勝因。
◆山中慎介(WBCバンタム級を12度防衛中の王者で村田の高校の先輩)の話 ジャッジに対してショック。何を言ったらいいか分からない。村田はしっかりブロックして、自分の良さを出せていた。
◆浜田剛史氏(元世界スーパーライト級王者)の話 採点にはびっくりした。村田はこれ以上ない出来だと思っていた。エンダムは手数が多かったけれど、村田はしっかりブロックしていた。
◆竹原慎二氏(元ミドル級世界王者)の話 自分の採点では5ポイント、村田君が勝っていた。すごく残念。王座を取るならば、村田君だと思っていた。勝ちに等しい負けだと思う。もう一度チャンスがあれば。
◆帝拳ジム・本田明彦会長の話 村田が勝っていた。相手は手数というよりも逃げていただけ。村田は完璧に闘うことができたので、無理に倒しにいかず、慎重になった部分はあった。ただ、負けは絶対にない。こういう判定ではボクシングの信用がなくなってしまう。


◆WBA会長再戦求める
WBA(世界ボクシング協会)は20日(日本時間21日)、12年ロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に1-2で判定負けした20日のミドル級王座決定戦について、世界戦を統括する関係部署に「次戦での再戦を求める」との考えを示した。
<どうなる村田戦Q&A>
Q 村田-エンダム戦の判定は覆らないのか
A 採点の集計ミスや、スコアシートに赤青のコーナーを逆につけていたなどのミスがあった場合は覆るが、原則として1度決まった判定は変わらない。

Q 採点などを巡ってジャッジが処分されることはあるか
A ある。WBC(世界ボクシング評議会)では審判委員会で検証し、明らかな間違いと認められたときにはジャッジとして派遣されなくなる停止処分がある。通常は公表されない。

Q WBA会長は再戦指令を出したが、通常、直接の再戦はあるのか
A 基本的にはない。試合の契約書に直接再戦の条件を入れることは許されない。連戦を許可すると、勝利を分け合うなどの八百長の可能性も生じるため。


◆村田諒太、エンダムと対面し「昨日は敵、今日は友」
不可解判定に異例の直接再戦指令だ。WBA(世界ボクシング協会)は20日(日本時間21日)、12年ロンドン五輪金メダリスト村田諒太(31=帝拳)がアッサン・エンダム(33=フランス)に1-2で判定負けした20日のミドル級王座決定戦について、世界戦を統括する関係部署に「次戦での再戦を求める」との考えを示した。村田が所属する帝拳ジムの本田明彦会長(69)は改めて「再戦はない」と明言したが、今後の動向が注目される。
多くの疑問、怒りを残した国内最大級のビッグマッチから一夜明け、事態はさまざまな動きを見せ始めた。21日未明、WBAが公式サイトに発表したヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長(ベネズエラ)の声明文は、異例ずくめだった。「私の採点では村田が117-110で勝っていた。村田諒太と帝拳プロモーション、日本のファンにおわびしたい。ひどい決定のダメージを回復させるための言葉が見つからない。委員会に再戦を要求する」。
ボクシング界では2試合続けて同じカードとなることを避けるのが慣例だ。他選手のチャンスを阻み、活性化にもつながらないためだが、今回は例外だった。JBC(日本ボクシングコミッション)の安河内本部事務局長(56)も「翌日にああいう形で会長がコメントするのは聞いたことがない。前代未聞」と述べた。
帝拳ジムの本田会長は一夜明けて都内で取材に応じ、「再戦は絶対にない」と断言。「(興行を)やったのは何十年ぶり」というWBAへの不信感は深い。WBA会長の命令があっても、対戦交渉するのは両陣営のプロモーターであり、拘束力はない。「集大成だった」というほど経費も時間もかけて開催にこぎ着けただけに再戦は難しく、不信感も募る。ダウンも奪い、ガードを固めて、フットワーク豊かなエンダムを追い詰めるなどやるべきことをやった村田に「こういう結果になって申し訳なかった」とあらためておもんぱかった。


◆村田諒太「つけ込めなかった反省が残る」
ロンドン五輪金メダリストで同級2位村田諒太(31=帝拳)が、同級1位の元世界王者アッサン・エンダム(33=フランス)に挑んだ世界初挑戦は、4回にダウンを奪うなど優勢とみられたが、1-2の判定負け。五輪メダリストとして日本人初の世界王者には届かなかった。一問一答は以下の通り。

-闘い方は狙い通り
もっと打てる場面があっても良かった。(エンダムが)明らかに何発か打った後、休む場面があった。つけ込めなかった反省が残る。

-途中に負けていると頭によぎったか
どうなんだろう、というところはあった。ダメージブロー(有効打)じゃなくてジャブを取ったということ。そこは納得せざるを得ない。

-スタイルは出せた
判定につながらなかったので仕方ない。ただ試合をしていて楽しかった。中学で(ボクシングを)始めた自分には想像もできなかった。

-敗因は
相手が足を使うのがうまかった。


◆ロンドン銅の清水3連続KO勝ち「村田と王者に」
12年ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水がプロ3戦目の8回戦で3連続KO勝ちを収めた。
東洋太平洋フェザー級15位山本と対戦。初回に左ストレートでダウンを奪うと、再開後の強打でレフェリーが試合を止めた。リング上のインタビューでは、前日の世界戦で敗れた親友村田の話に触れ「村田とともにダブルメダリスト、ダブル王者になりたい」と話した。